フリーターの増加原因と問題点について

/

日本の経済が低迷していた1990年代~2000年代にかけてフリーターの増加が問題視されてきました。しかし近年は景気の改善などによってフリーターの数は減少傾向にあると言われています。とはいってもまだまだフリーターで生計を立てている人の数は多く、それについての様々な問題も懸念されています。
今回フリーターが増加した原因とそれによって起こりうるだろう問題点についてまとめてみました。

【フリーター増加の原因】

フリーター増加の原因については2つの理由が考えられます。

1つ目が日本の経済が不安定で正社員として働くことに不安を感じる人が増えていること。
経済が不安定になると雇用の縮小が進み、結果パートやアルバイト、非正規社員で働く人の割合が増えてしまいます。
フリーターの定義にはニートとは違い「働く意志のある無職の人」という捉え方があります。フリーター増加の背景には経済が不安定でパートやアルバイトをせざるを得なくなったが長続きせずそれでも働く意志はある人が増えているということが言えるのでしょう。

2つ目がインターネットの普及、ネットビジネスの拡大により会社に所属せずフリーで収入を得る人が増えたことです。
ネットビジネスのほとんどは働く場所を問わず家やカフェといった自由な場所で収入を得ることができます。知識を自分で習得し、会社に属せず働くスタイルが定着してきたことがフリーターの増加につながったということが言えると思います。

【フリーター増加の問題点】

会社員とは違いフリーターで働く場合、年金や保険などの支払いを自分でする必要があります。とはいってもフリーターの収入は不安定な場合が多いので定期的に支払わなければならない年金、保険の支払いが滞ってしまうケースも多く見られます。

フリーターが増加することでこのような年金、保険といった社会の基盤の安定性が失われることになります。

次にネットで収入を得るフリーターの存在が生み出す問題について考えてみたいと思います。ネットビジネスは基本的にパソコンさえあれば一人でもできます。その結果、積極的に人とコミュニケーションを取らなくても良い仕事のスタイルが出来上がります。

仕事上のストレスの多くは人間関係から来ると言われているので、フリーターという立ち位置は確かに「ストレスフリー」な状態と言えますが、仕事で得られる達成感、充実感は人との関わり合いの中で何倍にも大きくなるとも考えられます。

そういった意味でフリーターの増加によって人とかかわるのが苦手な若者の増加に繋がってしまわないか懸念されています。

【まとめ】

いかがでしたか?フリーターの増加の要因とそれによる問題点についてまとめてみました。
参考にしてください。

20代の就職・転職なら、まずは「キャリアスタートの転職エージェント」に無料登録!

20代の就職・転職にキャリアスタートがおすすめの3つの理由

  • 就職・転職支援実績
    3000人以上
  • 年収100万円以上アップ
    の事例多数
  • 未経験からの就職・転職で
    定着率92%以上

キャリアスタートでは、20代の若手に特化した転職エージェント・就職エージェントサービスを提供しています。エージェントサービスに登録いただくと、事務職やIT営業・ITエンジニアなど、あらゆる職種の中からご希望に沿った正社員求人を無料でご紹介。

求人の応募から内定まで、専任のコンサルタントが徹底サポートします。「履歴書・職務経歴書の添削」や「面接対策」「給与交渉」も無料で代行します。

私たちの強みは、普通では出会えない、20代の若手を採用したい会社をたくさんご紹介できること。さらにコンサルタントを経由して、あなたの魅力を企業側へプッシュしてもらえるので、自分一人で選考を受けるよりも、内定の可能性を一気に高めることができます。

まずは以下のボタンから転職エージェントサービスにご登録ください(簡単1分・無料)