仕事で限界を感じたときに体に現れやすいサインの原因と対処法

仕事をしていれば、誰でも1度は辞めたいと思うことがあります。その理由は原因はさまざまなですが、そのまま我慢を続けていれば、体調を崩したり精神的に参ってしまったりと体にサインが現れ、最悪の場合は働くことができなくなってしまいます。今回は仕事に限界を感じたときに体に表れやすいサインとその原因や対処法について紹介します。最悪の状態になる前に対処できるように参考にしてください。

 

仕事に限界を感じるときの主な理由

仕事に限界を感じてしまっ場合、そこには必ず理由があります。その理由は人それぞれ違いますが、主な理由には以下のものが考えられます。

人間関係がうまくいっていない

職場の上司や同僚などに苦手と感じる人がいる場合には、それが苦痛となり仕事に集中することができずに、なかなか成果が上がらないことがあります。それは職場内だけではなく取引先にも言えることで、取引先の担当者と合わない場合には、仕事とは理解していても会うのはもちろん電話さえも苦手意識を持つものです。そのように苦手意識を持った人への適切な接し方がわからない場合、ストレスとなって仕事に限界を感じ原因となることがあります。

仕事量が多い

仕事の量が多くて、定時で帰ることができず毎日残業になったり、休日出勤をしてこなさなければならない状態が続くなど、自分のキャパシティーを超えて仕事量があるような場合には、メンタル的にも体力的にも限界を感じて続けることができないと思ってしまいます。

仕事内容が合わない

与えられた仕事が苦手で自己肯定感を得られない、仕事にやりがいを感じられないなどの場合には、仕事を続けること自体が苦痛になり限界を感じてしまうことがあります。

待遇に不満がある

仕事に対して給料が見合っていない、成果を出しているのに正当に評価されていない、同期が昇進しているのに自分だけ出世できないなど、現在の待遇に不満を感じていると、自分は会社から必要とされていないのではないかと考えるようになることがあります。

完璧主義なところがある

自分自身の性格が几帳面すぎたり、完ぺき主義の場合には、休日も無意識に仕事のことを考えてしまい精神的に休めなかったり、少しの失敗でも気持ちが落ち込んでしまうことがあります。そんな人は、仕事に限界を感じやすいようです。

転職について相談する

仕事の限界を感じたときに体に現れやすいサイン

仕事に限界を感じたときには、体や心にサインとして現れるのが一般的です。以下のようなサインが現れたら、無意識でも仕事に限界を感じている可能性があります。注意しましょう。

眠れない、就寝時間が遅くなった

睡眠は、体や心の不調の影響を受けやすいため、なかなか寝付けないため就寝時間が遅くなったり、熟睡できないなど、睡眠の状態が良くない場合には、ストレスが原因になっている恐れがあります。寝付くまで時間がかかる状態の「入眠困難」や夜中に何度も目が覚める「 中途覚醒」、予定よりも早くに起きてしまう「 早朝覚醒」など、明らかな原因が考えられないのに睡眠の状態が良くない時には、仕事に対してストレスを感じているのかもしれません。

朝起きても疲れがとれない

十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず、朝起きたときに疲れが残っている感じることがあります。この場合には、ストレスにより睡眠の質が低下していて、眠りが浅い状態なのかもしれません。また、仕事での精神的・身体的負担が大きいことによる疲労が、6ヶ月以上続いている場合には、慢性疲労になっていることも考えられます。慢性疲労の状態では、一晩寝ても疲れがとれないので十分に休養する必要があります。

体重の増減が激しい

精神的にストレスを感じると食欲がなくなって、急激に体重が減ることがあります。また、反対にストレスを発散するために間食が増えたり、糖分を摂りすぎたりして太ってしまうこともあるので、体重の増減が激しい時には、仕事に対して強いストレスを感じている可能性があります。

遅刻や休みが増えた

仕事に行こうとすると体調不良になる、出かける準備に時間がかかってしまうなど、今まで遅刻や欠勤などなく真面目だった人が、急に遅刻や休みが増えた場合には、「職場に行きたくない」という無意識のサインかもしれません。

原因不明の体調不良がある

頭痛、めまい、吐き気、腹痛、肩こりなど、特に原因が無いのに体調が優れない時には、ストレスにより免疫力が低下していたり、自律神経の働きが乱れていることがあります。

転職について相談する

仕事の限界時に現れやすいサインが出たときの対処法

仕事に限界を感じたときに、体や心に現れるサインについて紹介しました。では、そのようなサインが現れたときには、どのように対処したらよいのでしょうか。

苦痛の原因を書き出す

仕事に限界を感じたときには、苦痛となっている原因をできる限り書き出してみましょう。原因が明確になれば対策を立てることができるので、会社を辞めるという決断をせずとも解決できる可能性があります。

自分の能力や適性を見つめ直す

完璧主義が悪いことではありませんが、自分の能力の限界を超えて仕事をしようとすると、精神的にも肉体的に疲れてしまいます。自分の得意分野や集中できる時間、実作業時間を把握など、自分の能力や適性を見つめなおすことも大切です。

信頼できる第三者に相談する

仕事への不安や悩みを抱えている場合、一人で考えていても解決できないばかりか、かえって悪化させてしまうこともあります。友人や家族、職場の友人などのなかで、相談内容を漏らさないような信頼できる人を選んで相談してみましょう。愚痴を聞いてもらうだけでも精神的に楽になれることがあります。

将来どうなりたいかを考える

仕事を頑張っていても、自分の将来設計が立てられない場合には、不安を抱えるものです。まずは、理想のキャリアプランを設計してみましょう。そのうえで、現在の会社でこのまま仕事を続けて、理想のキャリアプランが実行できるか考えてみます。

仕事のオンとオフを切り分ける

仕事で100%のパフォーマンスを発揮するには、しっかり休息を取って英気を養うことも重要です。休日にも拘わらず、常に仕事のことを考えていると、身体的にも精神的にも休むことができず疲れがたまってしまいます。これまでしっかりと休めていない人は、意識的に気持ちを切り替える努力をしてみるとよいでしょう。

退職する

仕事に限界を感じる原因が職場環境にあり、対策をしても原因を取り除けそうにない時には、退職することも選択肢として考えてもいいでしょう。そのまま我慢していても精神的に参ってしまい「うつ病」を発症してしまうこともあります。もちろん退職や転職にはリスクを伴いますが、退職することで人間関係をリセットできたり、転職によって自分に合った仕事を見つけられる可能性や労働時間や給料など待遇がアップする場合があります。

転職について相談する

仕事に限界を感じて、退職を決断したときにすべきこと

仕事に限界を感じて、対処をしても退職するのが一番の解決法である時もあります。では、退職を決断したときには何をすべきなのでしょうか。具体的に紹介します。

働くこと自体が難しい場合

退職する時の自身の状態が、働くことが難しいほど体調が良くない場合には、精神的な症状が原因の可能性もあるので、療内科やメンタルクリニックを受診して専門医の診断を受けてみましょう。症状が認められれば、傷病手当金や労災の休業補償など公的支援を受けられる場合があり、経済的負担が軽減される可能性があります。また、家族や親族のサポートも必要になることもあるので、まずは家族に相談するようにします。

働くことが可能な場合

心身ともに働くことに問題がない場合には、新たな環境で働くために転職活動を行いましょう。この際、転職活動は退職前から始めることが大切です。会社を辞めてしまってから転職活動を始めた場合、収入がないことで金銭的にも精神的にも余裕が無くなり、焦って転職先を決めてしまうことがあります。早期に転職先を見つけることは大切ですが、業界研究や企業研究などしっかりとした準備を行って、次の転職先も「自分に合わない」という失敗を繰り返すことのないよう慎重に進めるようにしましょう。また、転職活動を始める際には、以下の点にも注意します。

退職前に就業規則を確認する

法律的に雇用契約は、申し出てから2週間で解約することができますが、一般的には引継ぎや給与計算などもあり、就業規則によって1~2カ月ほど期間が設けられている場合が多くあります。2週間以上経てば法律的には辞めることが可能ではありますが、転職しても今後のビジネスで関わる可能性も考えられます。就業規則に従って退職するのが基本です。

転職活動を始めたら、まずは就業規則を確認しましょう。退職を申し出てから退職できるまでの期間を踏まえて、転職先と入社日を決める際の参考にします。

業務の引き継ぎはしっかりと行う

先ほども書きましたが、転職しても今の会社とビジネスで関わる可能性もあります。立つ鳥跡を濁さずで、誠意をもって業務の引継ぎを行って円満退職するようにしましょう。業務の引継ぎは、後任者がスムーズに業務に取り掛かれるように、自分が担当していた業務を洗い出して、引き継ぎ書を作成しておきます。また取引先への退職に挨拶では、一緒に後任者を紹介するようにします。

転職エージェントを利用する

転職活動を始める場合は、精神面や健康的に働くことが難しい状況を除いて在職のまま、転職先を探すのがよいでしょう。今は転職に有利な時期とは言え、退職してすぐに転職先が決まるとは限りません。転職先がなかなか決まらない場合には、収入が途絶えることになり生活に行き詰る可能性もあります。

 

しかし、在職のまま転職活動を行う場合には、仕事が忙しいため企業研究などの転職活動が十分にできないことが考えられます。働き続けながらの転職活動にはサポートが必要で、転職のプロである転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 

転職エージェントは、民間の人材紹介サービスですが、転職先が決まった場合には、転職先の企業が紹介料を支払う仕組みとなっているため、転職希望者は基本的に無料で利用することができます。転職エージェントに登録すると、まずは専任の担当者との面談が行われます。その面談によって、自分では気づかなかったような適性に沿った求人情報や非公開の求人情報などを紹介してくれることもあります。

 

また、志望動機や職務経歴書の書き方をプロの目でチェックし、ブラッシュアップしてくれたり、模擬面接をにより面接のアドバイスなどもしてくれるため、面接試験通過の可能性が高くなります。

転職について相談する

若い世代の転職なら「キャリアスタート」がおすすめ

在職のまま転職活動を行うには、転職エージェントの利用がおすすめですが、転職エージェントにもさまざまな会社があり、それぞれ特徴があります。今回は、若い世代の転職に特におすすめの転職エージェント「キャリアスタート」の特徴について紹介します。

キャリアスタートの特徴

キャリアスタート」は、フリーターや第二新卒など若手のサポートに特化した転職エージェントです。転職のプロによる応募書類の添削やマンツーマンの模擬面接を受けられるので、就職活動に不慣れなフリーターの人も安心して利用することができます。東京へ上京する人のための転居サポートなども行っているので、地元を離れ心機一転、東京で働きたいという人も相談してみるとよいでしょう。

 

また「キャリアスタート」では、同世代の転職者の話が聞ける「転職交流会」を毎月開催していたり、1万人の転職相談から生まれた「転職成功BOOK」がプレゼントされるなど、同じ若い世代の転職経験者の生の声が聴けるため、転職活動に不安をもっている人も安心して転職を進めることができます。

先輩たちの声

・高井さん その他職種

今回の転職で叶えたかった事はなんでしたか?

残業が結構あって、体力的にも厳しくなったため、もう少しプライベートの時間も確保したいと思いました。また、専門スキルを身に付けて資格を取っていきたいとも思ったため、転職を決意しました。

なぜ、キャリアスタートに登録しようと思いましたか?

媒体経由で、気になって調べてみて求人紹介だけでなく転職のサポートや自分に合う仕事、適正に合う企業を紹介してくれると感じたからです。

入社を決めた理由は何でしたか?

社風とか、周りがサポートしてくれる会社だったからです。自分にはそういった環境のほうが向いていると感じていたので内定をもらった入社したいと決めてました!

 

・山地夏海 エンジニア

キャリアスタート利用のきっかけを教えてください。

3年半強マクドナルドで店長をしていました、仕事は楽しかったので、店長賞・運営会社の90店舗でトップ売上など実績を出しましたが、朝4時から夜8時などの勤務がほぼ毎日続いており、30代を迎えてから、体力的に長期の継続が難しく、転職を考えました。

キャリアスタートの良かった点を教えてください!

仕事はしっかりやっていきたい、と思っていたものの、飲食の経験しかなくて、やる気も自信もなくなりかけていたときに、面談行くたびに「自分のよいところ」をみつけて自信をつけてくださったことが大きかったです。元気もらいました!(笑)

今後の目標を教えてください!

就職先は、女性の社員さんで3年で事業部長も誕生している会社でしたので、私も3年でマネージメントに取り組めるようにがんばります!!

 

・川名子慎二 販売

転職のきっかけは何でしたか?

前職は飲食店で勤務していました。半年間朝6時から深夜23時までの勤務が続いていてもう体力的にも厳しいと思っていたため、少しでもバランスのある勤務環境で働きたかったので転職を決意しました。

キャリアスタート利用のきっかけはなんですか?

前の仕事は喫茶・バーの店員で、接客は大好きでした。そんな自分に「接客の経験を活かしませんか?」というオファーがキャリアスタートから届きました。正直20歳で半年しか社員経験のない自分が一人で転職活動ができるのか不安もあった中で、接客能力を活かした転職を手伝ってもらえるなら行ってみよう!と思いました。

なぜ、今回の転職先を選んだのですか?

受身の飲食店接客よりも、売り込むという接客販売のほうが能力を成長させていけると思ったからです。労働条件や、給与条件も自分の中では良いと思いましたし、面接の中で、飲食店時代に注力商品をたくさん売った経験を評価してくれた事でここで頑張っていきたいと思いました。

 

参考:https://careerstart.co.jp/interview

転職について相談する

仕事に限界を感じた場合、無理をせず転職を目指すのもひとつの方法です

人が仕事に限界を感じるのには、さまざまな原因がありますが、対処法を試したうえでも解決しない場合には、無理せず転職を目指すのもひとつの方法です。転職活動での面接試験では、転職理由や前職の退職理由を必ず質問されます。面接官に良い印象を与える回答方法については、転職のプロである転職エージェントに相談するとよいでしょう。

人が仕事に限界を感じるのには、さまざまな原因がありますが、対処法を試したうえでも解決しない場合には、無理せず転職を目指すのもひとつの方法です。転職活動での面接試験では、転職理由や前職の退職理由を必ず質問されます。面接官に良い印象を与える回答方法については、転職のプロである転職エージェントに相談するとよいでしょう。

転職について相談する

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!