履歴書に空欄を作るのはNG!志望動機や自由記入欄の正しい書き方

履歴書は、就活において最も基本となる提出書類です。履歴書には、氏名や住所、学歴などの基本情報の他、志望動機を記入する欄や自由記入欄、本人希望欄などフリースペースとなっている項目もあります。今回は、履歴書の志望動機や自由記入欄の正しい書き方について紹介します。ポイントを押さえて、応募する企業にしっかりとあなたの志望意欲やスキル、能力をアピールできる履歴書を作成しましょう。

≫履歴書の自己PR欄には何を書く?作成時のコツと注意点|例文付き

履歴書に空欄は作らない

応募書類で最も重要なのが履歴書です。履歴書には、さまざまな記載項目がありますが、何を書いたら良いのか悩むのが「本人希望欄」や「自由記入欄」などのフリースペースではないでしょうか。どうしても書くことが思いつかないという人もいるかもしれませんが、履歴書の書き方の基本は、空欄を作らないことです。記入する箇所は全て埋めましょう。

基本的に履歴書に空欄はNG

履歴書に記入されていない欄があった場合、企業の採用担当者は、それが記入漏れなのか、それとも書くことがなく空欄なのかの判断が付きません。どちらにしても応募企業に対する誠意や熱意が足りないと思われて、マイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

履歴書は、企業にあなたがどんな人物かをアピールする書類であり、人事の担当者にとってはあなたが自社の求める人材にマッチしているのか、必要なスキルや経験を持っているのかを判断する資料でもあります。記載欄は、空欄にすることなくできる限り埋めるようにしましょう。

本当に何も書くことがない場合は「特になし」

履歴書の記載欄は、空欄のままで提出しないのが基本ですが、趣味・特技の欄や資格・免許の欄など、本当に記載できるものが無い場合もあるかもしれません。

その際には、空欄にしておくと記載漏れと判断されるかもしれないので、「特になし」と記入します。ただし、空欄にしておくよりは無難ということですので、記入できることがあれば必ず書くようにしましょう。

転職について相談する

履歴書の項目別でのおすすめの書き方


履歴書の項目別におすすめの書き方をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

埋めた方がいい項目

志望動機(自己PR)

「志望動機」の欄は、履歴書の中で最も重要な項目です。空欄で提出すると企業への志望意欲が低いと判断され、書類選考で落とされる可能性もあります。企業研究や自己分析を行った上でしっかりと記入しましょう。

記入する分量については、空白のスペースが目立たないような文字数まで書きましょう。ただし、スペースを埋めるために中身のない内容をだらだらと書くのはNGです。文章能力やコミュニケーション能力が低いと判断され、逆効果となるかもしれません。

趣味・特技

「趣味・特技」の欄には、無理に飾ることなく、そのまま自分の趣味などを記入します。「趣味・特技」欄は、人柄が分かる項目であり、人事担当者は応募者が仕事以外の面で、どんなことが好きなのかや人間性・性格などを判断する材料とします。

趣味や特技が無い場合には、現在興味を持っているものや、これからやってみたいことなどを書くと良いでしょう。

資格

「資格」の欄に、記入できる資格が無い場合には「特になし」と記載します。ただし、勉強中の資格がある場合には、「●●の資格取得に向けて勉強中」や「令和●年●月●日に取得予定」などと記入して、資格取得の勉強をしていることをアピールします。仕事に対して前向きでスキルアップを意識していることを、人事担当者に伝えることができます。

学歴・職歴

「学歴」の欄には、高校から大学や専門学校等の学歴を記入します。小学校と中学校の義務教育については記載しなくてかまいません。

「職歴」の欄は、時系列で記入し、会社名は略さずに正式な名称で書くようにします。また、応募する企業に関連があったり、活かせる経験がある場合には仕事の内容も簡潔に書き加えることでアピールすることができます。アルバイト経験は、基本的に記入しませんが、職歴が少ない場合などアルバイト経験をアピールしたい場合には、書いても構いません。職歴に、空白期間がある場合には、その理由も記入します。

その他の項目

自由記入欄

「自由記入」の欄は、空欄にしたり「特になし」とはせず、自己PRの文章を書くのがおすすめです。自分の長所や短所、志望企業が魅力的だと感じる理由など、人事担当者があなたに興味を持ってくれるように意識して書くのがポイントです。

本人希望欄

「本人希望」の欄には、勤務地や職種など、業務に関する自分の希望を記入します。特に希望が無い場合に「特になし」とはせずに、「貴社の規定に準じます」や「貴社規定に従います」などと記入します。

履歴書作成で重要なルール

履歴書を作成する上では、空欄を作らない以外にもいくつかの重要なルールがあります。ポイントをしっかりと理解して履歴書を書くことで、書類選考を通る可能性がとても高くなります。

しっかりと企業分析をした上で自己PR・志望動機を記入

履歴書は、企業の人事担当者にあなたを知ってもらうための資料でもあり、プレゼンテーションのツールでもあります。記入する際には、応募する企業をしっかりと研究しましょう。企業の強みや特徴を知ることで、より具体的な志望動機を書くことができます。また、企業が求めている人材像を理解できると、入社後に活かすことができるスキルや能力をアピールすることができます。

あなたのこれまでの経験がどのように活かせるのかを、前職でのエピソードや今後のキャリアビジョンを交えて記入すると良いでしょう。

作成後は必ず見直しをする

履歴書を作成したら、誤字脱字がないか、空欄が残っていないか、記入内容に整合性があるかなどを必ず内容をチェックします。

≫第二新卒の履歴書作成のコツ|志望動機や本人希望記入欄に何を書く?

転職について相談する

履歴書は、応募企業にあなたを知ってもらうための書類

履歴書は、応募企業にあなたを知ってもらうための書類です。空欄で提出すると、せっかくのアピールの機会を失うこととなります。また、人事担当者にあなたの志望意欲が低いと思われたり、記入漏れを確認せずに提出する確認不足の人などと判断される可能性もあります。履歴書には空欄を残さず、しっかりと自己アピールをするようにしましょう。

転職について相談する

先輩の体験談

池田凛 様
正社員として長期的に働きたくて転職を決意しました!

今回の転職で叶えたかった事はなんですか?

達成感や、やりがいを感じる専門的な仕事を、正社員として長期的に働いていきたいと思い転職を決意しました。

キャリアスタートのいいところを教えてください!

履歴書や職務経歴書などの作り方や、企業説明や面接対策など親身に親切に教えていただける事が良かっ
たです!

体験談の詳細はこちらのページよりご覧いただけます

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!