高い給料・安定した給料を得るのに役立つ資格3選

【はじめに】

「今の給料や待遇に不満がある」、「将来性が不安」などの理由で転職を考えている人も多いと思います。
しかし、転職で給料アップを狙うにはセールスポイントが必要で、中でも、資格などの客観的に見て分かる指標は雇う側に興味を持ってもらいやすい傾向があります。
今回は、高い給料や安定した給料につながる可能性がある資格を、3つ紹介します。

【転職に有利な資格】

転職する時に、持っていると高い給料、安定した給料で雇ってもらえる可能性が高くなる資格を3つピックアップしました。

1.普通自動車第一種免許
交通の便が良くない地域では、高校卒業後に取得している人も多いのでピンと来ないかもしれませんが、自動車免許は企業からの需要が高い資格の一つです。
首都圏の20~30代では、免許を持っていない人も多いので、地方から首都圏に就職・転職する場合はセールスポイントになるかもしれません。
どの会社も、営業活動をしたり、郵便物を出したり、必要なものを買いに行ったりなど、社外で業務を行う時には車を使うことがほとんどなので、自動車免許は持っていたほうが有利です。
また、費用はかかってしまいますが、「限定解除(MT車を運転する資格」も取得しておくと、中型車・大型車の免許を取る時に役に立ちます。

2.日商簿記
業種は関係なく、とにかく転職に役立つ資格が欲しいなら、日商簿記がおススメです。
なぜなら、どの会社にも経理の仕事はあるためです。
また、会社勤めに限らず、将来はフリーランスになりたい人は、簿記の知識が確定申告に活かせるというメリットも。
1級は難易度が高いものの、取得すると税理士試験の受験資格を得ることもできます。

3.FP(ファイナンシャルプランナー)
FPとは、資産運用や金融などの知識を持つ、お金の専門家です。
法人や個人に、資金計画、資産運用のアドバイスを行います。
FPの資格は大きく分けて2種類に分かれており、国家資格の「FP技能士」と、民間資格の「AFP」、「CFP」があります。
FP技能士はやさしい順に3級、2級、1級の3段階に分かれていて、一度取得した資格は生涯有効です。
それに対しAFP(FP技能士2級相当)、CFP(FP技能士1級相当)は資格取得後も日本FP協会が定めた講座を受講する必要があります。また、日本FP協会が発行する会報誌を通して金融関係の最新情報をチェックすることもできます。
資格欄に書くならFP技能士、FPの仕事をずっと続けていきたいならAFP、CFPを取得すると良いでしょう。

【最後に】

今回は、持っていると転職に役立つ資格を3つ紹介しました。
一番いいのは、自分が関心を持てる事柄に関することを勉強して、それに合った資格を取ることですが、まだ興味がある分野や得意分野が分からないという人の参考になれば幸いです。
また、資格を取ったらそれで終わりではなく、「この資格をどう活かすか?」ということも考えて勉強に励むことが大切だと思います。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!