給与と賃金|それぞれの意味と違いとは?|諸手当の計算方法解説付き!

給与 賃金 違い

皆さんは、働くなかで、「賃金」と「給与」の違いについて考えたことはありますか?
日ごろから触れる機会の多い言葉ではありますが、この二つの言葉は似ている様で、まったく別の意味を持っているのです。

おそらく、全く同じ意味合いの言葉として認識していた方も多いかと思うので、今回はこの「賃金」と「給与」の違いについて、分かりやすく説明いたします。
お給料について、正しい知識を身に付けることは、よい会社に転職することにも繋がるので、一度確認しておくと、次回の転職成功率がグッとアップするはずです。

「賃金」と「給与」の定義とは?

給与 賃金 給料 呼び方

「賃金」と「給与」どちらも労働の対価で受け取るお金、という点では同じですが、この2つの違いには、法律でしっかりと定められた定義があるのです。

今回は、より完結にお伝えするために、ポイントとなる見方をご紹介いたします。
賃金と給与の大きな違いの1番のポイントは視点の違いです。金銭を支払う側の視点が給与金銭を受け取る側の視点が賃金となっています。同じ金銭だったとしても、従業員側と雇用側で言い方が変わるのですね。

「給与」の定義とは?給料とも違うの?

「給与」とは、労務に対して企業や雇い主側が支払うお金の事をいいます。
給与は、給料に諸手当を含めたものであり、諸手当は残業代や、休日出勤など、法律で定められたもので、これらを含んだものが給与と呼ばれているのです。

また、給与と聞くと、金銭のみだと思われがちですが、実は現物支給のものも含まれます。
現物支給とは、金銭以外で経済的な利益のあるものを支給することをさします。例としてですが、社宅や寮の貸し出し・通勤定期券などがこれにあたります。

一方で、「お給料」とは基本給のことをさします。

②「賃金」について

「賃金」とは、労働に対して従業員が受け取るすべてのお金の事をいいます。

賃金には、給料、各種手当、賞与、通勤交通費といったものが含まれます。
つまり、給与より、賃金の方が幅広い意味を持っているのですね。

「賃金」と「給与」の違い

「賃金」と「給与」の大きな違いは視点の違いでしたが、そのほかにも細かい違いが定義されているのです。この章では更に詳細に、明確な違いについて解説していきます。

①視点の違い
 「賃金」・・・支払われる側の名称
 「給与」・・・支払う側

②法律での違い
 「賃金」・・・金銭のみ。
        労働者を守る側の法律である労働基準法などの表記に使用される。
 「給与」・・・現物支給もあり。
        給与所得、雇用保険法などの企業側の法の表記に使用される。

③含まれるものの違い
 「賃金」・・・諸手当だけでなく、賞与・交通費など会社から支給される全てのもの。
 「給与」・・・基本給+残業代や休日手当などの諸手当を含むもの。

賃金や給与を構成する3つの要素|手取り額を知りたい!

最低賃金 出し方

賃金と給与の手取り額の導き方は?

賃金と給与の提示されている額面と、実際に手にする金額は違いますよね。それは、諸手当の金額が都度変動する事が大きく関係しています。では、正式な手取りの額はどれぐらいなのか?転職前に、事前にどれくらい自分が受け取れるのか知ることは、大切なことです。

まず、賃金・給与を構成する3つの要素について理解し、引かれるものと、足されるものがあることを把握しましょう。

<給与・賃金を構成する3つの要素>
①支給…会社が支払うすべてのお金(残業代や、手当を含む)
②控除…社会保険料と税金など
③勤怠…欠勤や早退、有給などの1か月の勤怠

そして、この3つの要素の中には、固定給与と変動給与というものがあり、固定給与とは基本給など毎月一定に支払われるもののことを指し、変動給与とは、早退欠勤控除や、休日手当など毎月変わる金額のものを指します。

手取り額を求める式としては、
手取り額=(固定給与+変動給与)-(社会保険料+税金) です。

給与と賃金|あなたの諸手当の支給額を詳しく知ろう

さて、ここまでで手取り額を求める計算式をご紹介しましたが、変動給与の計算式について知らなければ、より詳細な手取り額は導き出せないですよね。

今回は変動給与の中で最も発生する率の高い「残業代・休日手当て・深夜残業手当」の計算式をご紹介していきたいと思います。

まず、1時間当たりの給与・賃金を求め、次に、残業した時間と割増率(以下【割増率の種類】参照)をかけます。これで出た結果が手当代ということになりますね。手当代の導き出し方の式は以下になります。

①基本給÷1か月の所定労働時間
②残業した時間×1時間当たりの賃金×割増率

【※割増率の種類※】
深夜労働の場合(22時~5時):25%以上
法定休日の場合:35%以上
法廷時間外労働の場合:25%以上

賃金は給与より含まれる手当が幅広い!視点の違いがポイント

給与 賃金 法律

給与と賃金の違いについて、ご理解いただけたでしょうか。大きなポイントは「視点」の違いでした。労働者側、企業側という視点によって、言い方が変わってくるのですね。また、給与は基本給に残業代などの諸手当のみ含まれたものでしたが、賃金には諸手当以外に会社から支給される全てのものが含まれており、幅広い意味を持っています。

さらに、賃金と給与の手取り額の導き出し方についてもご紹介いたしました。転職をする際に、手取りの金額が分かれば、「求めている給与・賃金の額に当てはまるか?」などの判断材料になるかと思います。

是非、上記でご紹介したことを参考に、よりよい求人を見つけてみてください!

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!