年収とは額面による額?それとも手取り額?

INDEX

会社員などは労働の代価として給与を会社から受取っていますが、家計を支える大切な収入源となっていることは言うまでもありません。
ただし給与表示には、「額面」や「手取り」による表し方があるので、この2つの違いを理解しておく必要があるでしょう。

額面による額とは?
基本給に、交通費のほか各種手当、残業代などを合計した金額が額面による額です。
「月収」や「年収」での表示は、一般的に額面による金額ですので、求人広告に給与とだけ表記されているなら額面による給与と判断しましょう。
ただし企業によって、社内積立てや組合費などを設けている場合もあり、受取る給与から天引きになる金額は異なります。そのため給料日に渡される金額は、求人広告に記載された金額とは異なることもあるでしょう。

手取りによる額とは?
額面による給与から税金や保険料などを差し引いた額が手取りによる額ですが、税金や社会保険などは収入や家族構成などによって異なります。

・違いを理解しないと給与が少ないと感じてしまうかも?
額面と手取りでの額の違いを知らなければ、表示されている金額よりも少ないと感じる可能性が出てきます。
額面金額は税金を天引きされていない状態であり、手取り額は天引きされた後の金額であるということを、理解しておきましょう。

・年収の目安はどのように考える?
月収や年収の目安としては、額面給与の8割程度が手取り額になると考えておくようにしましょう。額面と手取りの差額となる2割分の中に、所得税や住民税、社会保険料などが含まれます。

雇用契約が手取りか額面かで受取額に差が生じる
最終的に手元に受取ることができるのは手取り額ですので、雇用契約を結ぶ際に額面か手取りかによって、将来的に受取る額が大きく違ってきます。
仮に手取り額30万円で雇用契約を結んだと考えた場合、年収は30万円×12か月で360万円です。一方、額面金額30万円で雇用契約を結ぶと、年収は30万円×12か月×8割で288万円になります。
同じ30万円という金額でも、額面なのか手取りなのかで受取る額に差が生じることを理解しておきましょう。

納得の上で雇用契約を結ぶこと
雇用契約を結ぶ際には、提示されている額が額面か手取りかを確認しておかなければ、実際に給与を受取る段階で少ないと感じてしまう可能性があります。
なお、毎年のように発表されている平均賃金などは基本的に額面による金額ですので、多くの人が平均よりも少ないと感じているかもしれません。
いずれにしても、実際に家計を支えていくのは手取りによる給与からになるので、雇用契約は納得した上で結ぶようにしましょう。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!