どうしても気になる上司の理想とはどんなもの?

INDEX

仕事をしていると、当然自分よりも目上の先輩や上司はいるはずです。
その中でもやはり理想の上司というのは、誰しも思い描いている事でしょう。
今回はアンケート等で確認した、皆さんの上司の理想とはどんなものなのかを確認していきたいと思います。

◆思いやりと気遣いのできる人
まずは、やはり目を惹くのが思いやりや気遣いのできる上司です。
人間誰しも怒る人よりも、優しい人の近くに居たいと思うのは必然だと思います。
ですが、優しい=怒らないという訳ではなく、しっかりと部下の事を考えた上で言葉を選び思いやりと気遣いが出来る上司というのが、理想の上司であると認識されている様です。
部下が悩んでいたりすると、上司の方から声をかけてくれるという様な思いやりも非常に大切ですね。

◆感情任せに怒らない人
よく感情任せに「お前は~!」「〇〇は~!」と感情的に怒鳴る方がいます。
しかも、それを他のスタッフなど働いている人たちの前で怒鳴り散らかす人もいるでしょう。
昔まではよく見かけていた体育会系のスタイルでよく言えば熱血指導方針なのですが、現在ではただのパワハラという扱いになってしまいます。
このように感情任せに怒る人は理想の上司からは程遠い存在です。
確かに今でもパワハラとの境界線ギリギリで指導している年配の上司もいるようですが、
時代は変わってきている様です。
感情任せに怒る人は理想の上司とは正反対のようですね。

◆部下とのコミュニケーションを大切にしてくれる
むしろ、部下が飲みに誘いたくなるような上司というのが近年でも理想の上司に近いと言われています。
昔から、上司から部下を誘う事が多く、嫌でも付き合っていたし、好きなら喜んでついていく!と言うのが部下のスタイルでした。
しかし、近年では上司が部下と接点が欲しく「飲みに行こう」と誘っても仕事は仕事、プライベートはプライベートとしっかり分ける若者が増えているのも現状です。
そんな中でもやはり「この上司と飲みに行きたい」と思われる様な上司はすごくいいですし、「飲みに行く」と言う事でなくてもお互いが気兼ねなしに気軽に話しかけられる様な関係性は非常に大切です。
部下とのコミュニケーションを大切にする上司は、理想の上司でしょう。
部下からも話しかけやすい上司は、コミュニケーションも取りやすいですね。

◆最後に
最後になりますが、上司の理想はまだまだたくさんあります。
しかもその中でも、上司自身が自分に厳しいタイプではあるものの、その厳しさは部下には強要しない!というようなスタイルの人にはおのずと部下もついていく人が多いようです。
自分がどの立場にいるかによって変わってきますが、どんな上司が理想なのかを、今一度考えてみても面白いかもしれませんね。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!