フリーターの増加原因と問題点について

日本の経済が低迷していた1990年代~2000年代にかけてフリーターの増加が問題視されてきました。しかし近年は景気の改善などによってフリーターの数は減少傾向にあると言われています。とはいってもまだまだフリーターで生計を立てている人の数は多く、それについての様々な問題も懸念されています。
今回フリーターが増加した原因とそれによって起こりうるだろう問題点についてまとめてみました。

【フリーター増加の原因】

フリーター増加の原因については2つの理由が考えられます。

1つ目が日本の経済が不安定で正社員として働くことに不安を感じる人が増えていること。
経済が不安定になると雇用の縮小が進み、結果パートやアルバイト、非正規社員で働く人の割合が増えてしまいます。
フリーターの定義にはニートとは違い「働く意志のある無職の人」という捉え方があります。フリーター増加の背景には経済が不安定でパートやアルバイトをせざるを得なくなったが長続きせずそれでも働く意志はある人が増えているということが言えるのでしょう。

2つ目がインターネットの普及、ネットビジネスの拡大により会社に所属せずフリーで収入を得る人が増えたことです。
ネットビジネスのほとんどは働く場所を問わず家やカフェといった自由な場所で収入を得ることができます。知識を自分で習得し、会社に属せず働くスタイルが定着してきたことがフリーターの増加につながったということが言えると思います。

【フリーター増加の問題点】

会社員とは違いフリーターで働く場合、年金や保険などの支払いを自分でする必要があります。とはいってもフリーターの収入は不安定な場合が多いので定期的に支払わなければならない年金、保険の支払いが滞ってしまうケースも多く見られます。

フリーターが増加することでこのような年金、保険といった社会の基盤の安定性が失われることになります。

次にネットで収入を得るフリーターの存在が生み出す問題について考えてみたいと思います。ネットビジネスは基本的にパソコンさえあれば一人でもできます。その結果、積極的に人とコミュニケーションを取らなくても良い仕事のスタイルが出来上がります。

仕事上のストレスの多くは人間関係から来ると言われているので、フリーターという立ち位置は確かに「ストレスフリー」な状態と言えますが、仕事で得られる達成感、充実感は人との関わり合いの中で何倍にも大きくなるとも考えられます。

そういった意味でフリーターの増加によって人とかかわるのが苦手な若者の増加に繋がってしまわないか懸念されています。

【まとめ】

いかがでしたか?フリーターの増加の要因とそれによる問題点についてまとめてみました。
参考にしてください。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!