転職貧乏に陥る人にはどのような共通点がある?

INDEX

現在、求人倍率が上昇していると言われていますが、その裏で転職したものの年収が下がって転職貧乏に陥ってしまう人も急増しているようです。
せっかく有効求人倍率がバブル期を超えても、収入が下がれば本当に景気は回復しているのか?と疑問を抱くことになってしまいます。
この転職貧乏と呼ばれる状態に陥ってしまう人には、一定の共通点があると考えられますので該当しないか確認してみましょう。

売り手市場なのに転職が成功しない?
転職市場にも追い風が吹き、今がチャンスだと転職を希望する人も増えているようです。一般的に有効求人倍率が高いということは売り手市場であると考えられますが、本当に転職が成功したと感じている人はそれほど多くないようです。

求人は全て自分が希望する職種?
有効求人倍率が高いのであれば、求人が多い状態であることは間違いないでしょう。ただし、その求人が全て希望する職種とは限りません。
常に人材不足状態と言える介護や医療、保育、そして建設や運送といった業種の求人数が多く目立ち、全体の求人数を引き上げている可能性もあります。

求人数だけに捉われる人は転職貧乏に陥りやすい
仕事を選ばなければ良いと思うかもしれませんが、何のために転職するのかを考える必要があるでしょう。
単純に求人数が多いということは売り手市場なのだから、転職したほうが今よりも満足できる収入を得ることができるはずだ!と考えてしまう人は転職貧乏になる危険性が高いと言えます。

会社に過度な期待を持つ人も転職貧乏に!
また、転職貧乏になる理由として、会社に過度な期待をしている可能性があります。
上司からの評価が正当だと思えない、仕事に見合う給料が支払われていないなど、会社に対する不平不満を感じるのはわかりますが、解消するためには、まず自分が変わる必要があるという意識が低いことも多いようです。
その場合、転職してもまた転職先で同じ不満を持つことになってしまい、また別の職場に転職するといった繰り返しで、だんだん給料が下がっていくことになります。

まずは自己アピールがしっかりできるか確認を!
転職の時に武器になるのはこれまでの自分の実績です。自分が前職でどのようなことを行い、現在でも出来ることを自分の言葉で説明することが出来るでしょうか。
自分の実績をうまく説明するためには、まず自己分析を行うことも必要です。何をしてきたのか、何ができるのか、それが会社にとってどの様なメリットとなるのかを回答できるようにしましょう。
職務経歴書に書き綴るだけでなく、自分から積極的にアピールしていくことが大切です。転職貧乏に陥らないためにも、自分がこれまでの経験を活かすことができる職場なのか、本当にやりたい仕事なのかを確認し、しっかり自己アピールできる準備をしておく様にしましょう。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!