HOME > 20代の職種別平均年収

営業職20代の営業職の平均年収は約350万円

転職初年度でも300万円以上達成できることが多いです。
また、転職して1~2年で年収400万円、500万円となる方が比較的多い点も、営業職の特徴です。
個人の成績に応じて早期に年収アップを実現できることや、明るいキャラクターを生かせる点、お客様と直接接する仕事なので、お客様に喜んで頂けることなどが人気のポイントです。

求人例

ARG(300万円~600万円)
アーク(280万円~450万円)
スポーツフィールド(300万円~400万円)
リクルートライフスタイル(400万円~500万円)
※カッコ内の数字は20代・未経験からの入社1~2年以内の目安

販売職20代の販売職の平均年収は約300万円

転職初年度では270~300万円くらいがメインですが、会社によっては初年度から350万円に達することもあります。販売職を経験して、店長などのマネジメントにステップアップする方や
営業職にステップアップする方も多くいらっしゃいます。

求人例

ピーアップ(330万円~380万円)
マックストラスト(270万円~300万円)

介護職20代の介護職の平均年収は約

高齢化社会が進んでいる日本では、社会にとって必要な仕事として注目を集めています。
平均年収が低い業界というイメージがありますたが、年収面や労働環境の改善は進んでいます。
将来に向けて、今から資格やスキルを取得することで長期的なキャリアアップを見込むことができます。

求人例

ベネッセスタイルケア(320万円~370万円)

建築関連職20代の建築関連職の平均年収は約

建築関連職は根強いニーズがあり、平均年収は高めです。
30代、40代と着実に年収アップを実現しやすい点も人気の一つです。
カラダを動かすことが好きな方、体力に自信がある方にもピッタリです。

求人例

アーキジャパン(340~400万円)

ITエンジニア20代のITエンジニアの平均年収は約

ITエンジニアは若者の人気の仕事のひとつ。エンジニアの中にも幅広い選択肢がありますので、ネットが好き、パソコンが好き、といった基礎的な志向があればチャレンジすることもできます。
残業が少なめな点が特徴のひとつでもあり、未経験からの転職においては最初は280~320万円のスタートですが、長期的にじっくりと年収アップを実現でき、30代、40代では400万円、600万、800万といったプレーヤーも多く存在します。論理的で、勉強や、情報収集が好きな方に適しています。

求人例

LainZ(280~350万円)
パイプドビッツ(325~450万円)

事務職20代の事務職の平均年収は約

正社員の募集は少なめですが、特にIT業界ではIT知識をつけた事務職やITチーム内でのサポートなどの募集が増えています。
また、不動産業界での不動産事務などを含め、専門的な事務職のニーズは根強いです。

求人例

ユースリー(260~280万円)
夢テクノロジー(260~290万円)