会社に出社するのは始業時間ギリギリ?それとも30分前?

INDEX

入社してからは、なるべく上司や先輩よりも早く出社しようとするものですが、だんだん慣れてくると遅刻ギリギリに出社するような人も出始めます。
そもそも始業時刻ぴったりに出社するのではなく、15分や30分など事前に出社しておくことが一般的になっていますが、実際のところ何時に出社することが望ましいのでしょう。

出社は始業の30分前?それとも1時間前?
例えば8時30分が会社の始業時間の場合、何時に会社に到着することが会社にとって望ましいと言えるのでしょう。
特に会社に慣れていない新入社員の場合、早すぎても遅すぎてもいけないとなれば何時に行けば良いか分からないということが多いかもしれません。
始業1時間前には到着して、ゆったりと落ち着いて業務を始めることが出来るようにするという人もいれば、出勤時のトラブルに巻き込まれないように30分前には到着するように行くという人など、早めに出社する理由も様々のようです。

早めに出社し過ぎること思わない会社もある
しかし会社によっては、エコ推進で電気代を節約することを目指していることからは早い出社を禁止しているケースもあるようです。
そのため10~15分前に出社するようにするケースもあるなど、本当に様々なので、会社の職務規定などに、始業の○分前に出社する事といった記載がないのなら遅刻さえしなければ良いと言えます。
始業のタイミングで仕事が開始できていれば問題はないはずです。

15分前には出社したほうが良い?
ただし規定に明記されていないとしても、始業ぴったりのタイミングではなく、前もって出社しておくことが一般的になっています。
始業数分前に駆け込むことが遅いと感じる、または早いと感じるかは人それぞれのようなので、あくまでも目安として15分前くらい前には出社するようにしましょう。

会社ごとの考え方に合わせることが望ましい
新入社員の場合、上司よりも早く出社してデスクを拭いたり、朝掃除をしたりと色々仕事を始める前に行わなければならない事もあるかもしれません。
また、経営者や会社によっては、定時よりも30分前に身なりを正して出社し新聞を読むことを勧められるケースもあるでしょうし、なるべく電気代などを節約したいので出社はギリギリで良いいと考えるケースもあります。
会社の考え方に合わせることが望ましいので、不安な部分は先輩や上司に相談して見るようにしましょう。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!