正社員って休みが少ないと聞いたけど本当?

INDEX

今回は非常にグレーゾーンの休みについてお話していきたいと思います。
忙しいので休みがない!という方をよく見かけます。
ですが、よく見かけてはいるものの、果たしてそれは労働基準法などにはならないでしょうか?
一緒に確認していきましょう!

◆休みが毎週日曜しかない
よくある質問です。
正社員になって休みが毎週日曜日しかありません。
これは労働基準法に違反しませんか?
この状況は非常にグレーゾーンではあります。
何と言っても情報が少なすぎるのです。
労働基準法35条によれば一年間で52日未満の人は違反となります。
52日と言えば毎月4日は休める状態です。
最低限これを守られていれば罰せられる事はないのです。
法律的にはです。
国の推奨としては週休2日ですよね。
土日がお休みのお仕事先であれば強制的に週休2日制になるのではないでしょうか。ちなみに週休二日とると96日は休める計算です。
できればこのくらいの休日は欲しいですね。

◆年間休日の平均は!?
ただし、全体の社会での流れを見てみると、近年のお休みは年間で105~120日が平均となっています。毎月に直すと10日の休みがあるわけですが、綺麗に12ヵ月で割ることは出来ません。
基本は6日~8日の休みの中にプラスでお正月お休みがあり、ゴールデンウィーク休みが合ったりもするのです。
しかし、まともにお休みを頂けているところは非常にクリーンな環境ではありますが、
中にはまだまだクリーンではない?というようなところもあります。
ではそのような企業に当たってしまった場合どのような対策があるのでしょうか?

◆年間休日が少ない対処法について
とにかくこちらがしっかりとした知識をもって休みに対してなぁなぁにさせない事が重要と言えるでしょう。
労働時間の最大をお伝えします。
日本の労働時間は1日8時間の週40時間と定められています。
朝8時出社として17時30分まで働くと8時間になります。(休憩は1時間30分)
これを5日間続けると40日となります。
これを更に計算すると一年で働ける日数は260日が平均となるのです。
そうすると残りの105日が年間休日の最低下限となります。
これを下回った場合は時間外労働手当(残業)がつくようになります。
そしていわゆるブラック企業と言われるのがこの時間外労働の給料を払わないサービス残業をさせるのです。
このような会社はそもそも働くべきではないものの、すぐに辞められるはずもありません。
そのような場合でもしっかりと正社員に対しての休みの法律を把握し、無理なものは無理とハッキリ言えるようになりましょう!

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!