とりあえず正社員のデメリットをまとめてみました

INDEX

正社員になりたい!という反面なりたくないという人も当然いるわけです。
正社員になりたくないと思う人は一体何を思っているのでしょうか?
今回は正社員のデメリットを見ていきたいと思います。

◆自由がない
確かにアルバイトや契約社員に比べると自由がないのは当然です。
それは任せられる責任の重さが違うからです。
その分、当然ながら有給やボーナス、その他の福利厚生が充実しているわけではあるのですが。
会社都合で何でも押しつけられてしまうため自分の時間が取れなくなる事が非常に多いですね。
確かに今まで自由に暮らしてきた分このような部分はデメリットと考えてしまいますね。

◆キャリアアップを求められる
企業としては社員になったからには当然仕事は出来るようになってもらいたいものです。
そんな中で企業の中には企業がお金を出し従業員に資格取得を目指させるところがあります。
向上心のある人にとっては確かに無料で資格の取得ができると意気込んで頑張るでしょう。
しかし、そういう人がいるからこそ、向上心がない人が逆に目立ってしまい資格をとれと厳しく言われる人もいます。
こうなってくると嫌々勉強もしないといけなくなり効率も悪くなりますし、そんな状況で資格も取れるわけありません。
このようにやる気もないのに無理に資格を「取らされる」と考えている人にはデメリットでしかないようです。

◆残業代が支給されない事がある
たまに企業によっては総支給額24万円内40時間までの残業代含むなんて書かれている企業さんも居るのではないでしょうか。
こればかりはグレーゾーンと言いますか非常にあいまいな部分ではあります。
一時期話題になりサービス残業撲滅運動なんていうのもやっていましたが、それでも今でもそのような企業は多いですね。
働いているのに「タイムカードを早めに押せ
と言われたり、口に出さなくても会社自体がそういう雰囲気になっているところも少なくはないのです。
このような状態で正社員として働いていたら正直パートのほうが早く帰れて時給換算すればパートの方が稼いでいるなんて話はよく聞きます。
酷い所では隣のコンビニの最低賃金よりも安い!なんてところもあるくらい。
このような時間に関することもデメリットと言えるでしょう。

◆最後に
このようにデメリット部分を書いていきましたがいかがだったでしょうか?
最終的には自分がどこの段階で満足できるのか?というのが大切ではないでしょうか?
働けば働くほど将来的に給料が上がるのは当然です。
しかし、その対価として当然責任が付きまとってきます。
今回は敢えてデメリット部分をお話させてもらいましたが、当然この反対でメリット部分も非常に多いのも事実です。
悪い部分を知っておくことは非常に重要です。
それを知った上で正社員になって働いた方が多少の事では心が折れなくなるからです。
良い事も悪い事も吸収することは成長の為にも非常に大切です。
それを踏まえた上で改めて正社員について考えてみてくださいね!

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!