大学中退後に仕事は見つかる?おすすめの職種と探し方

大学入学後、それぞれの事情によって中退することもあります。その後、就職先を探そうと考えた場合、どのようにしたら仕事が見つかるのか不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

今回は、大学中退後に仕事を探す場合、他の人はどんな不安を感じているのか、おすすめの職種や探し方についてご紹介していきます。大学中退者だからと自信をなくしてしまうことなく、自分と向き合ってマッチする仕事を探してみましょう。

大学中退後、仕事は見つかる?

大学入学後、「別のやりたいことが見つかった」「選択した分野が自分に合わないようだ」「経済的に通い続けられない」など、さまざまな理由から大学を中退する人も例年一定数存在します。その後、新たに別の教育機関に入学する人もいれば、そのまま働くことを希望する人もいるでしょう。

大学中退したのちに働きたいと考えた場合、仕事は見つかるのでしょうか?

大学中退者が不安になりやすいこと

大学を中退してしまうと、就職活動でも何となく不利になるような気持ちになるのではないでしょうか。書類に「大学中退」と記載すれば、必ず担当者に聞かれるでしょうし、何となく他の就活生よりもイメージが悪いように思ってしまう人も少なくありません。

まず大学中退者が不安に感じるのは、「空白期間を周りからネガティブに捉えられる恐れがあること」ではないでしょうか。大学中退後に空白期間がある場合、就職活動に際して、その理由や過ごし方を聞かれることが多いです。その際にどうやって答えたらいいのか、不安になってしまいがち。

また、最終学歴が高卒になってしまうのも不安材料の一つです。高卒は大卒に比べて就職先の選択肢が少なくなりやすく、希望の職種があっても採用される可能性が狭まることも。新卒採用枠の求人に応募できないのも中退者の頭を悩ませる要因です。

さまざまな求人に応募してもなかなか思ったような成果が出ず、就職できるかどうか不安にかられることも。就職できない期間が長引くほど追い込まれやすく、不安因子がどんどん増えていってしまいます。この他、給与や役職など、労働条件・待遇面が大卒に比べて劣ることもあるでしょう。その結果、学歴コンプレックスを感じて自信がなくなってしまう恐れもあります。

大学中退した人が仕事を見つけるために心がけるべきこと

大学中退者でも自分の希望の就職先を見つけることはできます。まずは、「未経験者歓迎」や「学歴不問」の求人があるので、応募者の間口が広い求人をチェックしてみてください。ただし、大卒や中途採用者と比較した場合、不利にはなりやすいもの。できるだけ希望の仕事を見つけるためにも、以下のことを心がけてみましょう。

早めに行動する

「何となく重い腰が上がらない…」とぐずぐずしていると、あっという間に時間は経ってしまいます。できるだけ仕事をしていない「空白期間」を短くするため、早め早めの行動を心がけましょう。空白期間が長くなるほど、応募企業の採用担当者に与える印象が悪くなったり、就職に対するモチベーションが低下したりすることにもつながります。

これは大学中退者に限らず、第二新卒や既卒者にもいえることですが、若さ・ポテンシャルを武器にするなら早いうちに就職活動をはじめることが勝因にもなります。

中退した理由や、空白期間に対する説明を用意する

就職活動においては、書類・面接と大きく2つの採用選考が待ち構えています。そのどちらについてもですが、特に面接では「中退理由」や」空白期間に何をしていたのか」を聞かれるのはほぼ確実と思っておきたい項目です。

企業の担当者が中退理由を聞く主な理由は、目的があっての行動なのかを確認するためです。たとえばやりたいこと・資格がありやむなく中退して勉強していた、金銭的な理由で「学ぶこと」から「働くこと」へ方向転換したなど、人それぞれ理由はあるでしょう。

理由を説明する際に注意したいのは、たとえネガティブな理由だとしてもポジティブな内容になるよう気をつけることです。家庭の事情で中退したとしても、それまで学んでいたことを活かして貴社に勤めたい・貢献したいなど、将来をポジティブにとらえていることをアピールします。ただし、嘘はつかないことは守りましょう。

前向きな気持ちでいる

大学を中退していると、何となく後ろ向きなイメージ・印象を持たれがち。しかし、自分自身がまず前向きな考えを持つことが、就職活動の継続につながりやすいです。自信のなさや後ろ向きな気持ちは、表情や態度に出てしまいやすく、何となく良い印象は持たれないもの。極力気をつけるようにしましょう。

ただ、どうしても前向きになれないときは、ストレスを発散したり、休んだりしてみても大丈夫。ついつい後ろ向きになってしまうときには極端に無理をせず、前向きな気持ちを持つよう心がける程度からはじめてみましょう。

転職について相談する

大学中退者におすすめの仕事と資格

大学を中退していても、応募できる仕事はたくさんあります。ご自分が望んでいる業種・職種はもちろん候補にあるでしょうが、他には実際どういった仕事が考えられるのでしょうか?ここでは、大学中退者におすすめの仕事や資格について見ていきましょう。

おすすめの仕事

公務員

公務員には国家公務員と地方公務員があります。国家公務員は一般職や専門職など、地方公務員であれば事務系、技術系、警察官、消防官などが挙げられます。大学中退者の場合、高卒者を対象に行われる試験を受けることができます。

注意したいのは、年齢制限が設けられている試験もあること。中途の場合は職種によって「〇年〇月〇日生まれまで」といった形で年齢制限がされているため、応募の時点で確認しておきましょう。

公務員は、働きはじめはやや収入が安く感じるかもしれませんが、定年まで長く働き続けることにより金額もアップしていきます。総じて収入が安定しており、福利厚生が充実しているのも大きな魅力といえるでしょう。試験の難易度はもちろんのこと、人気も高い傾向にあるため、事前に用意しておくことはたくさんあります。

接客業

モノやサービスを販売するスタッフや受付など、ユーザーに対して接客する仕事は未経験でも数多くの企業で募集されています。たとえばアパレル系や飲食系など、各種サービス業において応対するスタッフなどもこのうちに含まれます。

未経験でも若さ・フレッシュさをアピールできる仕事だといえますし、お客様とのコミュニケーション能力を磨くきっかけにもなります。

営業職

営業職は、企業が手掛けるモノやサービスを、得意先などに紹介・販売する仕事。接客業の場合は一般ユーザーに対する接客が中心ですが、営業の場合は対応する相手が企業の担当者などのケースが多いです。ただし、訪問販売・ルート販売など、販売する相手が一般ユーザーのケースもあります。

一口に営業職といってもその相手が多岐にわたりますが、ビジネスシーンでコミュニケーション能力を鍛えられる職種の筆頭が営業職。営業職で採用されたのち、スキルなどの力を養い管理職へキャリアアップできることもあります。

事務職

事務職は、主に企業のバックオフィスを担当します。事務職には一般事務をはじめ、営業事務・総務事務・経理事務など、在籍する部門などによって特化した働きが求められます。ただし、事務職というと一般的なビジネスマナーやパソコンスキルは必須であり、来客対応などその場に応じて臨機応変な対応が求められます。

事務職は基本的にサポート役として活躍する場面が多く、気遣いや配慮に長けた人が適任です。

介護職

近年では少子高齢化が深刻な問題となっていますが、福祉関連の業界でも多くの人材難が叫ばれています。福祉関連の事業所は数多くありますが、なかでも介護職はどこの事業所でも引く手あまたの状態。「手に職をつけたい」といった人には、介護職として働きながら介護職員初任者研修・介護福祉士実務者研修・介護福祉士などの研修・資格を受けるのもおすすめです。

介護職は将来的にもなくならない仕事のひとつといえます。長く続けられる仕事を探している人にもおすすめの仕事です。

ITエンジニア職

現在ではITの普及が進んでいるにもかからわず、エンジニアの数が少ないのが実情です。エンジニアというと資格や学歴がないとなれないのでは、と思われがちですが、実は未経験・無資格でも応募可能な求人はあります。

ITエンジニア職は技術系の仕事であり、スキルを積むにつれて仕事の幅も広がっていきます。IT系の企業は若手も比較的多く採用されており、将来的に仕事もどんどん増えていく可能性が高いフィールド。大学中退者でも十分に応募・採用される可能性があるおすすめの仕事です。

おすすめの資格

資格を取得したからと言って必ずしも就職できるとは限らないものの、資格があることは就職活動で優位に働くケースが多いです。取得を目指すことで知識が身に付くこともあり、資格取得のために勉強するのも非常に有益です。ここで、いくつかおすすめの資格について見ていきましょう。

日商簿記検定

ビジネスシーンにおいて、企業の経営状態などを適切に判断するには、売り上げなどの数字を読み取る力が欠かせません。日商簿記検定では、日々の経営活動を記録したり、計算したり、整理したりして経営状態や財政状態を明らかにする技能を身につけることができます。

日商簿記検定の試験勉強をしていくなかで、経理事務に関連する会計知識のほか、財務諸表の読み方や経営管理能力、コスト感覚などが身に付くとされています。多くの資格では、履歴書に書けるのは2級からといわれるものの、日商簿記検定の場合、3級でも十分履歴書に記載できる価値があると捉える企業も多いです。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産の売買や賃貸の仲介に必要な資格であり、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格として知られています。学生の間に取得する人もおり、就職活動においても有利になると考えて勉強する人も多い資格のひとつです。

略して「宅建」と呼ばれることもあり、取得しておくと、不動産業以外の職種においても評価されることがあります。

ITエンジニア向けの資格

IT業界は、将来的にもニーズが高く人気でありながら、人材難も深刻な問題となっています。IT系エンジニア向けの資格も各種あり、応募条件に「資格保有者」と記載されていることもあるため、取得しておくことで応募先の選択肢が増えるのもメリットのひとつです。

たとえば、情報処理技術者試験、基本情報技術者試験、Oracle認定Javaプログラマ(Silver)などがあります。資格を取得しておくことで業務の基礎知識が身に付くため、未経験者よりも評価されやすいのもメリットといえるでしょう。

転職について相談する

大学中退者が仕事を探す方法

大学中退者の場合、学内の就職課などを利用せず、自分で就職先を探すことになるでしょう。そうなると、自分だけの力ではなかなかうまく見つけられず、自然と選択肢も狭まる恐れがあります。ここでは、大学中退者でもうまく仕事を探す方法について見ていきましょう。

転職サイト

転職サイトは、転職者向けに豊富な求人情報を掲載しているWebサイト。転職者の生活パターンに応じ、24時間いつでも好きなときにチェックし、利用できるため利便性も魅力です。

大学中退者が転職サイトで応募先の企業を探す際、そもそも新卒ではないので転職サイトの「未経験者歓迎」の求人をチェックするといいでしょう。自身の希望の条件で効率よく絞り込み、求人を検索してみてください。業種や職種、勤務地、給与などで検索をかけるとわかりやすいのではないでしょうか。

転職サイトを使って活動をする場合、応募や企業との面接日程の調整、条件交渉は自分で行う必要があります。

ハローワーク

ハローワークは別名「公共職業安定所」であり、無料で利用できる公的な就職支援サービスです。常駐の相談員がおり、求人の紹介だけでなく、就職活動の悩み相談や、職業訓練の紹介などのサービスが受けられるのも魅力的。

ハローワークにあるパソコンで求人を検索し、相談員に相談すれば企業と直接やり取りしてくれるなど、どうやって就職活動したらいいのかわからない人にもおすすめの方法です。

転職エージェント

転職エージェントは、求職者と企業をマッチングしてくれるサービスであり、求職者(登録者)は一般的に無料で利用できるのが大きな魅力です。転職エージェントに登録すると、登録者一人につき個別のアドバイザーがつきます。転職活動全般のサポートだけでなく、アドバイスが受けられるので就職活動で不安を感じている人にもおすすめです。

転職エージェントでは、応募書類の添削や、面接対策などを行ってもらえます。なかには大学中退者に特化した就職支援サービスを行っているエージェントもあるので、自分にマッチしたエージェントに登録してみるといいでしょう。

キャリアスタート」も、大学中退者を含む若手に特化した就職支援サービスです。マンツーマンでサポートを受けることができ、豊富な求人情報のなかから求職者に合った応募先をピックアップして紹介。この他、引っ越しの相談ができるなど、内定獲得後のサポートまで対応しているなどメリットも豊富です。

転職について相談する

大学中退後、転職に成功した先輩の声

キャリアスタートでは、さまざまなキャリア・経験を積んだ先輩方の就職サポートを実施しています。ここでは、実際に大学中退後にサービスを利用して転職に成功した2人の先輩の声をご紹介します。

星名真さん

学生時代に飲食店アルバイトにハマり、大学を中退してそのまま就職し7年ほど勤めました。その後不動産営業に転職したものの、その環境があまりよくなくて早いうちに転職を検討。キャリアサポートを利用して販売促進の営業職へ転職しました。

キャリアスタートはライトなオファーから、その後の連絡もスピーディでした。また、担当者の人柄がよく、こちらの気持ちをよく理解してもらえたのもよかったです。

鹿島俊明さん

大学中退後、飲食店フリーターからITエンジニア職に内定をもらいました。キャリアスタートからはスカウトメールが届き「飲食からのキャリアチェンジ」と書かれていたので興味を持ち、登録しました。キャリアスタートでは、自分の過去の選択について理由を掘り下げてくれて、自分の適性や目標が明確になりました。将来を考えて自分で職種を選択させてもらえたのも、よかったです。

 

参考サイト:https://careerstart.co.jp/interview

転職について相談する

大学中退者でも希望の就職先を見つけることはできる!

大学中退者だから、と就職活動に不安を抱えていませんか?自分のやりたい仕事・働きたい会社は、探し方次第でいくつも見つけることができます。転職サイトやハローワークはもちろんですが、キャリアがないと利用できないのでは?と思われがちな転職エージェントも無料で利用できます。

キャリアスタートでは、大学を中退した方へのサポート実績もあり、実際にサービスを利用して就職に成功した先輩もいます。もし「なかなか自分に合った仕事が見つからない。探し方がわからない。」といった悩みをお持ちの方は、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

転職について相談する

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!