平均月収を年代・性別で比較|月給や手取りとの違い、転職時の注意点

会社に就職して仕事をこなすと、その後に待っているのが給与支払日。毎月の給与明細を見ていると、総支給額や差引支給額など、さまざまな項目が目に入ります。気になるのは実際に得られる金額ですが、月収や月給、手取りなどいくつかの名称があってよくわからないといった人も少なくありません。それぞれどういった意味で、どのような違いがあるのでしょうか?

今回は月収・月給や手取りとの違いをはじめ、年代・性別での平均月収も紹介していきます。

月収の基礎知識

働いた対価として毎月もらう報酬ですが、一般的によく耳にする月収とは一体どういう意味なのでしょうか?単純に月収といっても、何が含まれているのかよくわかっていないと、実際受け取る金額に大きな勘違いが起こってしまう恐れも。

ここでは月収の基礎知識として、定義や月給・手取りとの違いについて見ていきましょう。

月収の定義

月収とは「月間の収入」を意味します。月収は年収を12カ月で割った金額のことであり、基本給やボーナスなどの賞与、時間外手当などの変動手当、その他の副収入も含まれます。

給与明細には、基本給・各種固定手当・変動手当などを合計した「総支給額」が記載されています。簡単に言うと、総支給額を1年間合計したものにその他の副収入を加算したものが年収で、その12分の1が月収です。

月給や手取りとの違い

月収以外にも、毎月の報酬として「月給」や「手取り」といった言葉をよく耳にします。どれも同じようなイメージを持たれていますが、実際のところは異なります。ここではそれぞれが持つ意味の違いについて見ていきましょう。

月給

月給とは毎月必ず支払われる賃金のことであり、基本給+固定手当を指します。基本給は職種や勤続年数などを基に決められ、固定手当は役職手当・営業手当・住宅手当など、毎月一定額が決められています。

月給には残業手当などのように毎月金額が変動する手当、インセンティブなどについては含まれないのがポイントです。時間外手当やボーナスが含まれないことにより、おのずと月収よりも金額が少なくなります。

手取り

手取りとは、実際に受け取る金額を指します。給与明細の「差引支給額」の欄に記載されている金額であり、総支給額(額面給与)所得税や住民税、社会保険料などを引いた金額のことです。実際に月収いくら、月給いくら、とはいっても、実際に税金などを差し引いた金額が手元に入るわけであり、「手取り」で考えると思ったより金額が少ない…と感じる人は決して少なくありません。

転職について相談する

20代・30代・40代の平均月収を比較

実際に気になるのが世の中の平均月収。このまま働いていくことでどのように月収が上がっていくのか、平均はどれくらいなのか、自分は高いのか低いのか、気になるものです。ここでは、20代・30代・40代の平均月収について、国税庁の調査結果をもとにご紹介していきます。

全体の平均月収

国税庁が発表している「平成29年分 民間給与実態統計調査」によれば、1人あたりの平均月収は36万円です。これは「1年を通じて勤務した給与所得者1人当たりの平均給与」432万円を12カ月で割ったものをあらわしています。

性別で見てみると、女性よりも男性のほうが平均が高い傾向にあります。男性の平均月収は約44.3万円(532万円÷12)であり、女性の平均月収は約23.9万円(287万円÷12)となっています。また、正規と非正規では大幅な差があるのがポイントです。正規社員の平均月収については約41.2万円(494万円÷12)、非正規平均の平均月収は約14.6万円(175万円÷12)です。

ちなみに業種別で見た場合、最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」、次に高いのが「金融業、保険業」となっています。

年代別に見た平均月収

ここでは、20代・30代・40代別の平均月収について見ていきましょう。

20代

国税庁が発表している「平成29年分 民間給与実態統計調査」のなかの資料P19「年齢階層別の平均給与」を参考に見ていきます。20代の1人あたりの平均月収は約26万円です(20~24歳、25~29歳を加味)。

性別で見てみると、男性の平均月収は約28万円(279+393万円÷24)であり、女性の平均月収は約23.3万円(243+318万円÷24)となっています。全体と比較すると女性はさほど変わらないものの、男性は44.3万円よりかなり低くなっているのがポイントです。

 

30代

先述と同じ資料を基に見ていくと、30代の1人あたりの平均月収は、30~34歳、35~39歳を加味すると約35.3万円です(407+442万円÷24)。性別で見てみると、男性の平均月収は約40.7万円(461+517万円÷24)であり、女性の平均月収は約26.1万円(315+313万円÷24)となっています。

女性の平均給与を見た場合、25~29歳の318万円がもっとも高く、30~34歳が315万円、35~39歳が313万円と、少しずつ減少傾向にあるのがポイントです。全体的な金額としては決して大幅な変動ではないものの、結婚・出産などによる離職なども少し影響しているのかもしれません。

 

40代

先述と同じ資料を基に見ていくと、40代の1人あたりの平均月収は、40~44歳、45~49歳を加味すると約40.1万円です(468+496万円÷24)。性別で見てみると、男性の平均月収は約45.2万円(569+630万円÷24)であり、女性の平均月収は約25.7万円(308+310万円÷24)となっています。

女性の平均給与を見た場合、少しずつ減少傾向にあるものの、ほぼ横ばいです。男性については、50~54歳の677万円、次に55~59歳の669万円が高いですが、その次に高いのが45~49歳の630万円であり、40代ともなると企業内でも脂がのった世代となり、月収が大きく伸びていく傾向にあります。

 

20代~40代の比較

20~40代を通してみると、やはり入社したての20代前半は月収が安くなるのが自然であるものの、20代後半とは100万円以上の差があるのが特徴です。その後は5歳刻みで50万円程度ずつ上昇していき、上昇する金額は男性の方が高くなる傾向にあります。

女性については20代前半が243万円、20代後半で318万円と大きく上昇するものの、その後はほんの少しずつ減少しながらほぼ横ばい状態が50代後半まで続きます。男性と女性で比較すると、20代前半では年間で約30万円ほどしか変わらないものの、40代後半で年間で女性の2倍もの給与を得ている計算になります。

年代が高くなるほど、性別によって給与額に違いがあるのが浮き彫りになっています。

 

【出典】国税庁「平成29年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-」(平成30年9月)

https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2017/pdf/000.pdf

転職について相談する

月収or月給?転職活動時の注意点

これから転職活動を考えている場合、自分にマッチする求人条件の企業に応募したいものです。求人条件をチェックする際に報酬面についてもチェックするでしょうが、月収・月給など、記載方法が少し異なるケースも見受けられます。

ここでは、転職活動時に給与関連のチェックをする場合の注意点について見ていきましょう。

求人情報に記載されているのは?

求人情報に記載されている報酬については、特に記載がない場合、額面給与(総支給額)で書かれていることが多いです。注意したいのは、額面給与の場合は変動手当を含むこと。毎月安定してその金額が受け取れるとは限らないことを念頭に置いておきましょう。

年収が記載されている場合も同じです。固定手当のみではないため、変動手当も概算で含まれていると、「思っていた金額と違う!」といったミスマッチも考えられます。なかには月給が記載されているケースもあるため、「月収なのか月給なのか」「何が含まれているのか」をよく考えて求人情報をチェックするといいでしょう。

面接で尋ねられやすいのは?

転職における面接では、収入面での希望も聞かれるでしょう。特に同じ職種で転職する場合、現在よりも下がってしまうことのないよう配慮してもらえるケースも多いです。もし面接時に1カ月の希望給与額を尋ねられたら、希望月収を答えると良いでしょう。つまり、残業代なども含めていくら欲しいのか希望を伝えます。

しかし、変動手当の金額がわからない場合もあります。特に残業代などは、入社してからでないと具体的なところはつかめないかもしれません。その場合は「残業代などを差し引いて、月○○万円程度を希望」と伝えるのでも良いでしょう。

転職について相談する

月収と月給では意味が異なる!よく理解して転職活動を進めよう

月収には変動手当やボーナスなども含まれるため、金額が大きくなる傾向にあります。そのため、月収を見て「この企業は高収入を見込めそうだ!」と思っても、実際に毎月支払われる金額は総支給額から各種保険などを控除した手取り額です。月収よりも少ないため、注意が必要です。

転職を考えている人は、仕事に対するやりがいや魅力・適性はもちろんですが、待遇面、特に報酬に関する部分も今よりも高い職場を求めていることでしょう。求人情報を確認する際には、掲載されている金額に何が含まれているのかまで把握したうえで、現状よりも好待遇なのかそうではないのかを判断するようにしましょう。

転職について相談する

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!