仕事を辞めたいと思ったらすべきこと|退職理由の伝え方や注意点は?

何となく会社や職場の雰囲気に馴染めない、上司や同僚と合わない、仕事にやりがいを見いだせずモチベーションが上がらないなど悩みやストレスを抱えて、仕事を辞めたいと思うことは誰にも1度や2度はあるのではないでしょうか。しかし、一時の感情や勢いに任せて退職届を出してはいけません。今回は、仕事を辞めたいと思った時にまずやるべきことと、その結果退職を決断したら退職理由の伝え方と注意点について解説します。

仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと

一時的な感情や勢いに任せて退職してしまい、後から後悔したということをよく聞きます。退職や転職には、多少なりともリスクが伴います。もし、あなたが仕事を辞めたいと思っても、まずは冷静になって次に紹介することを実行してみましょう。

今の会社を辞めずに済む方法がないか考える

今の会社を辞めて転職したとしても、新しい会社でもミスマッチが起きる可能性があります。何度も転職を繰り返すと、理由によってはネガティブな印象を持たれ以降の転職に不利になることもあります。また、転職によってキャリアアップを目指せることもありますが、これまで積み上げたスキルが無駄となり最初から仕事を覚えなければならないなど、転職には必ずリスクも伴います。一時的に、会社を辞めたいと思ったとしても、キャリア形成の意味でも辞めずに済むのが一番よい選択ということもあります。まずは、本当に辞めるしか方法がないのか考えてみましょう。

 

例えば、今の会社での仕事が自分のやりたい内容ではないといったことが辞めたい理由であった場合には、部署の異動をお願いしてみるとか、社内で新規のプロジェクトを立ち上げられるように行動してみるとか、自分が求める仕事を今の会社で実現できる方法を考えてみましょう。また、上司と合わないといった理由で辞めたい場合には、上司と自分のどちらかが数年以内に異動する可能性もあります。時間が経つことで解決する場合もあるので、少し我慢するいう選択肢もあるのではないでしょうか。ただし、このまま働き続けても解決しないと思え、仕事に対するモチベーションがどうしても持てない場合には、転職を考えてもよいでしょう。

仕事を辞めたい理由の分析

今の会社を辞めずに済む方法を考えるにしても、まず自分が辞めたい思う理由を分析することが大切です。まずは、なぜ辞めたいと思ったのかの理由を整理しましょう。その際には、頭の中で済ませるのではなく、紙に書きだすようにします。そうすることで辞めたいと思った理由の背景がわかりやすくなります。理由を整理するだけでも、意外に気分がスッキリするものです。次に、書き出した辞めたい理由に優先順位をつけてみましょう。それにより自分にとって妥協することができない条件がわかります。

仕事を辞めた後の選択肢の考慮

辞めたい理由を分析したら、仕事を辞めた後の選択肢を考えてみます。どのように生活をしていくか具体的に考えましょう。転職をするという選択肢を選んだ場合にも、正社員として正規雇用で働くか、契約社員や派遣社員、フリーターなど非正規雇用で働く方法もあります。

 

また、転職を目指さない場合には大学院や専門学校などに通って興味のある分野の知識を身につける、留学して語学力を身につけてからキャリアチェンジを目指す、自らやりたい事業で起業する、結婚して専業主婦や専業主夫となるなどさまざまな選択があると思います。選ぼうとしている選択肢と今の会社に残る場合のメリットとデメリットを比較してみましょう。そうすることで会社に残るべきか辞めるべきかの判断をしやすくなります。

転職について相談する

仕事を辞めたいと思う主な理由と対処法

自分が会社を辞めたいと思った理由の分析ができたら、その対処法を考えてみましょう。対処することで会社を辞めずに済むこともあります。

給料が少ない

仕事に対して給料が見合わない、将来的に昇給が見込めないなど給料に不満があって辞めたいと思っている場合には、頑張って仕事で成果を上げて昇給や昇格を目指してみましょう。営業職などの場合には、成果によってインセンティブが支給される場合もあります。時間に余裕があるなら副業をして収入を得るという方法もあります。ただし、副業が禁止されている会社もあるので、事前に就業規則などを確認しておきましょう。

 

また、同業他社と比較して給料が低い場合には、給料アップの交渉をしてみてもいいかもしれません。それでも収入アップが見込めない場合には、現在よりも待遇の良い会社へ転職して年収を上げるといった選択肢もあります。ただし、闇雲に転職しても収入が下がることもあるので、条件の良い会社に転職できるようにスキルを磨いておくことが大切です。

人間関係がうまくいっていない

上司や同僚、部下との関係が良くないなど人間関係が会社を辞めたいと思った理由の場合には、その人への自分の接し方を変えることで関係が改善されることがあります。合わないからと避けていても関係は良くなりません。どう接したら相手が嬉しく感じるかなど行動心理を考えてみましょう。どうしてもうまくいかない場合には、部署の異動をお願いしてみましょう。小さな会社などで異動も困難な場合には、転職を検討してもいいかもしれません。

労働環境が悪い

残業により労働時間が長く体力的にキツイ、休みが取れない、上司によるパワハラがあるなどいわゆるブラック企業と言われる労働環境が悪い会社の場合には、会社へ待遇の改善を申し出てみましょう。それでも改善されず、法律にも違反している可能性がある場合には、労働基準監督署に相談するという方法もあります。それでも改善が見込めない、他に条件の良い会社が見つかりそうな場合には、転職をするという選択肢を選んでもよいでしょう。

仕事内容に不満がある

今の会社での仕事にやりがいや面白さを感じない、頑張って仕事をしているのに正当に評価されていないなど仕事内容に不満があり会社を辞めたいと思っているという人もいるのではないでしょうか。仕事にたたいしてやりがいや面白さを感じられない場合には、まず小さなことでも良いので仕事の中に楽しみを見つけてみてはどうでしょうか。営業職や販売職の場合には、ライバルを設定してみるのもいいかもしれません。ライバルに負けないようにと頑張ることで、結果が出て周囲から認められるようになるはずです。成果を上げることができれば、もし転職を選んだ場合にも応募企業にアピールすることができます。

 

また、どんな仕事内容であれば自分がやりがいや興味を持てるのかを書き出してみましょう。そして、その仕事内容は今の会社では実現が難しいのか考えてみます。キャリアアップや部署の異動で実現の可能性がある場合には、まずは努力してみましょう。それでも難しければ求める仕事が実現しそうな会社や業界への転職を目指してもよいでしょう。

転職について相談する

退職理由の伝え方

会社を辞めたいと思った理由を分析して、その対処法を実行してみたうえで転職という選択肢を選んだ場合には、会社に退職の意向を申し出ることとなります。その際に退職理由を伝えるポイントについて解説します。

まず直属の上司に相談する形で伝える

退職の意思が固まってから、直属の上司に「相談がありますのでお時間をいただけませんか」と切り出し、退職したいという意思を伝えましょう。多くの会社では、人員に余裕がないためほとんどの場合は退職を考え直すように引き止められるはずです。退職の意思が固まっていない状態で相談してしまうと、なかなか退職できないことも考えられます。

 

まず直属の上司に話をするのは、もし先に社内に退職の噂が広まったら、上司は会社から部下の管理ができていないと評価される可能性があるからです。円満に退社するためにも、最後まで上司にも配慮するようにしましょう。

ネガティブな理由は伝えない

立つ鳥跡を濁さずで、給料が安いからや嫌いな人がいるから、休みがないからなどの不満を退職の理由として伝えないほうがよいでしょう。辞めると決断した以上、ネガティブな理由を言っても仕方がありません。これまでの経験を活かして新たな環境で自分の力を試したい、個人で開業する夢を実現したいなど、新しい道を選んだ理由をポジティブに伝えるようにします。

個人的な事情があれば盛り込む

結婚、親の介護、家業を継ぐ場合、体調の悪化など個人的な事情があれば退職の理由として伝えてもかまいません。そのような理由の場合には、上司も無理な引き止めをしずらくなります。ただし嘘をつくのはやめましょう。嘘がわかってしまった場合には、心証を悪くすることになります。

転職について相談する

仕事を辞めるときの注意点

退職を決断して、実際に辞める際にはさまざまな準備や手続きが必要となります。仕事辞めるときの注意点について確認しましょう。

一人で決めずに相談する

最終的に判断するのは自分自身とはいえ、辞めるかどうか一人で決めずに他の人に相談してみることも大切です。ネガティブな理由で辞めたいと思っている場合には、自分だけでは冷静な判断ができないものです。仕事を辞める決断は、家族の生活にも影響を及ぼすので、家族に意見を聞いてみることが必要な場合もあります。反対に、まったく損得関係のない友人に客観的な意見を聞くのも良い方法です。

退職前から転職活動を行う

転職を目指す場合には、退職する前から転職活動を行って、転職先の会社を決めてから辞めるようにしましょう。先に会社を辞めてしまうと、時間に余裕を持って転職活動を進めることはできますが、収入がなくなることでもし転職活動が長引いた場合には生活に困ることも考えられます。収入を早く得ようと焦って、次の転職先を決めてしまうと希望する条件の会社ではなく転職に失敗する恐れがあります。

 

そのため転職活動を行うのは、在職のままで進めるのがおすすめです。転職活動をスタートしても今の会社より良い待遇の求人が、すぐに見つかるとは限りません。働きながら転職活動を行うことで、自分の市場価値を知り、本当に今転職すべきか判断することができます。

事前に就業規則を確認する

退職願を提出してから、実際に退職できるまでにどのくらいの期間が必要なのかを、事前に就業規則を読んで確認しておきましょう。その期間を踏まえて、転職先が決まった時に入社日を調整する参考にします。多くの会社では、仕事のスムーズな引継ぎのために1~2カ月ほど期間が設けられている場合が多いようです。民法では申し出てから2週間を経過すると雇用契約を解除できるとなっていますが、退社する会社と今後ビジネスで関わること可能性が無いともいえません。円満に退社するには就業規則に従う方がいいでしょう。

後任者への引き継ぎをしっかりと行う

退職日が決まったら、後任の人がスムーズに業務に取り掛かれるように、スケジュールを作ってしっかりと引き継ぎを行いましょう。後任の人のためにも、自分が担当していた業務を洗い出して整理し、引き継ぎ書を作成するようにします。先述しましたが、退社する会社と今後ビジネスで関わることも考えられます。その際に、きちんと引継ぎをせずに退職したなど批判されないように、誠意を持って引き継ぎの業務を行うようにしましょう。

仕事を辞める際に、転職エージェントサービスを利用するメリット

先に説明した通り転職活動は、退職してからではなく在職のまま始めるのがおすすめです。しかし、在職のままでは、仕事が忙しいなどの理由でなかなか転職活動を行う時間が取れないことがあります。そんな時には、転職エージェントを利用するようにしましょう。転職エージェントは、応募者に代わって企業と面接の日程の調整や条件交渉などを行ってくれます。それ以外の転職エージェントを利用するメリットも紹介しましょう。

自分の条件に合った会社・業界を提示してくれる

転職エージェントには、非公開の求人情報も多く集まっているため、自分では見つけならなかった求人情報も紹介してもらえる可能性があります。

専門家の目からアドバイスを得ることができる

転職エージェントに登録すると、転職のプロである担当者から履歴書や職務経歴書など応募書類の書き方などアドバイスを受けることができます。自己分析や職務経歴に棚卸を行っても、なかなか自分で自分のアピールポイントがわからずに不安なものです。専門家の目でみてもらうことで、意外な強みや適性がわかる可能性があります。また、面接試験の対策として模擬面接を行ってくれるエージェントもあります。

基本的に利用料金は無料

転職エージェントは、人材紹介サービスのため転職が決まった場合は、転職先の会社から報酬を得るので、転職希望者は基本的に無料で利用することができます。登録しておくだけでも、希望する条件にあった求人情報が送られてくるので、常に自分の市場価値を知ることができます。

『若者の転職なら「キャリアスタート」がおすすめ』

転職エージェントには、さまざまな会社がありそれぞれ特徴がありますが、若者が転職を目指すなら「キャリアスタート」がおすすめです。キャリアスタートの特徴や実際に利用した人の体験談を紹介します。

キャリアスタートの特徴

キャリアスタート」は、フリーターや第二新卒など若者のサポートに特化した転職エージェントです。無料で登録でき、登録すると転職のプロである専任担当者が求人の紹介から入社後のケアまでマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。また、同世代の転職者の話が聞ける「転職交流会」も毎月開催されています。

先輩たちの声

転職について相談する

H・H様 職種:販売職

前職はどんな仕事をされていましたか?

百貨店の店舗にて焼き菓子の販売をしていました。

今回の転職で叶えたかった事は何でしたか?

収入アップと、今より残業を減らして、バランスをとりたいと思いました。

エージェントを利用したきっかけは何でしたか?

初めての転職なのでプロに自分の適した職業は何か相談したかった為です。

実際にキャリアスタートで面談してみていかがでしたか?

担当して下さったキャリアアドバイザーが話しやすかったのと、対応が早かったです。自分で転職サイト見ていると数多く求人はでてくるのですが、キャリアスタートでは自分にあった求人を絞り込んで紹介してくれました。また、面接対策もしてくれました。

参考:https://careerstart.co.jp/archives/interview_post/h-h

Y・N様 職種:CADオペレーター

前職はどんな仕事をされていましたか?

駅中で洋菓子・デリ・パンの総合店舗で販売をしていました。

今回の転職で叶えたかった事は何でしたか?

前職では、新卒で入社後半年で先輩社員が一人も居なくなり、良い事も悪いことも指摘してもらえない状況で、困った時に相談できる人もいなくなりました。その為とにかく日々に追われ、全く余裕が無くなり、成長も感じられなかったので環境を変えたかった為です。

エージェントを利用したきっかけは何ですか?

初めての転職だったので一人で決めるには不安でしたし、自分にはどんな仕事ができるかのか、他にどんな仕事があるのかわからなかったので、相談したいと思いました。

キャリアスタートの良かった点を教えてください。

とても話やすく、とにかくスピードが速かったです。面談から2週間で内定をもらいました!また、自分の言いたい事をなかなかうまく言葉にできずにいたのですが、ちゃんと私の性格も理解してもらいながら、言いたい事を整理してもらえました。

 

参考:https://careerstart.co.jp/archives/interview_post/y-n

副島様 職種:その他

前職はどんな仕事をされていましたか?

IT系の商社でテレアポ営業をしていました。

今回の転職で叶えたかった事を教えてください!

前職の経験から電話よりも、対面の仕事がしたかったので、転職活動を始めました。

キャリアスタートを利用したきっかけは何でしたか?

たまたま、キャリアスタートから連絡がきたからです!新しい仕事を探したかったのもあり、面談を受けてみようと思いました。

キャリアスタートを利用してみていかがでしたか?

対応がとても早くて助かりました!他のエージェントも利用してみたのですが、求人紹介だけでほったらかしだったんですが、キャリアスタートはしっかりと紹介してくれてありがたかったです。また担当の方が気軽に相談しやすい雰囲気を作ってくれて、求人紹介の際も会社説明が丁寧で、面接対策もしてくれたので良かったです!

参考:

https://careerstart.co.jp/archives/interview_post/%e5%89%af%e5%b3%b6

キャリアスタートに相談する

仕事を辞めたいと思った時には、ます理由を分析しよう

解説してきた通り、仕事を辞めたいと思っても勢いや感情に任せて退職してはいけません。まずは、仕事を辞めたいと思った理由を、しっかり分析して本当に辞めるべきかどうかを冷静になって考えてみましょう。その上で転職を決意したら、今の会社に在職のまま転職活動を進めるのがおすすめです。しかし、仕事をしながらの転職活動では時間の確保が難しくなります。その際には転職エージェントなどを上手く利用するとよいでしょう。

転職について相談する

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!