面接が怖い…苦手意識を克服するための考え方と対策法

「面接官にすべてを見透かされていそうで面接が怖い」

「いざとなると、あがり症で思ったことを上手く話せない」

「面接で落とされると、自分には価値がないと自己嫌悪に陥る」

このように、採用面接を苦手とする人は少なくないはず。

しかし、面接を苦手する人の場合、その要因は心理的な不安であったり、単なる準備不足によるものであることがほとんどであり、しっかりと対策を準備することで払しょく可能と言えます。

ここでは、面接が苦手になってしまう要因とそうならないための解決法について詳しく解説します。

「面接が怖い」と感じてしまう理由

人前で話すのが得意ではない

こう感じる人は、人前で話すことに慣れていないため緊張してしまうことが多いようです。「言いたいことを上手く伝えられない」「言いたいことはあるのに要点を整理できない」など、自分自身のコミュニケーション能力に不安がある人や、人見知りしやすい性格の人などは特にそう感じやすいようです。

自信がない

自分の経歴やスキルに自信がないと、面接そのものに対する自信も損なわれやすくます。「面接官の質問に対し、うまく回答できるかどうか不安に感じる」「自分は他の応募者より劣っているのではないかと先入観を持ってしまう」などのケースです。この場合、面接に対する準備不足が原因となることも考えられます。離職期間が長く、ブランクがある場合などはその傾向が強まるようです。

プレッシャーに弱い

採用試験に落ちたくないという気持ちがプレッシャーとなり、思うように面接に臨めないというケースもあります。「応募先の企業の志望度が高い」「転職活動が長引いていて、失敗したくない」など面接の合否に自分の人生がかかっていると考えてしまうと余計なプレッシャーを自分に掛けることになります。適度なプレッシャーはいい意味での緊張感をもたらしますが、過度のプレッシャーは心理的不安を高めるだけと言えます。

過去の面接で失敗した経験がある

過去の失敗経験がトラウマになっているという人は少なくありません。「圧迫面接でうまく質問に答えられなかった」「採用試験に落ちたことで、「人格否定された」と感じたことがある」など、失敗により嫌な思いをした

経験があると「2度と同じ体験をしたくない」という思いから、自信が持てなくなるのかもしれません。

転職について相談する

面接が怖い気持ちを変えるには

「失敗してもいい」くらいに考える

面接を完璧にできる人はほとんどいません。多少は答えられない質問があっても良いぐらいに考えましょう。

一つ二つの質問に回答できなかったからといって、即不採用になるケースはほとんどなく、わからない質問に無理に答える必要はありません。良い印象を与えようと思いつきで適当な答えをするぐらいなら、「わかりません」と正直に答えるほうがよいでしょう。また、仮に面接に落ちたとしても、必要以上に落ち込まないことが大切。あくまで企業が採用したい人物像に合致しなかっただけで、あなたの人格否定をされているわけではないのです。「縁がなかった」「自分とは合わなかった」と気持ちを切り替えましょう。「失敗は成功の素」と開き直るぐらいの余裕を持つべきです。

面接官と応募者は対等な立場と考える

面接の場で必要以上に委縮する必要はありません。面接官は落とすためではなく、採用するために質問しているのですから、常識の範囲内で伝えたいことを話せばよいのです。質疑の中で、こちらの痛いところを突いてくるのも、その理由を知りたいからに過ぎません。例えば大学を中退した理由、離職期間がある理由など、こちらにとってマイナスなことを聞かれるのも、それは単に理由を知りたいからなのです。過去のマイナスをどう自分にとってのプラスに転換したかという前向きなアピールに結び付けることができればよいのです。

 

転職について相談する

苦手意識を減らす!面接の対策方法

想定問答集を作ってみる

準備不足をなくすと、不安を軽減することができます。よく聞かれる定番の質問については、あらかじめ回答を考えておくとよいでしょう。ただし丸暗記する必要はありません。伝えるべき要点を頭に入れておき、聞かれたら答えられるように、声に出して練習しておくと良いでししょう。面接官は応募者自身の言葉を聞きたいと考えているので、サイト記事や本の回答例を丸々コピーするのはNGです。

面接の練習をする

模擬面接は面接の練習として有効です。家族や知人に面接官役をお願いしたり、ハローワークや転職エージェントなどの転職支援サービスを活用するとよいでしょう。

また、本命の企業の前に、類似の業界・職種で興味がある会社を受けてみるのもある意味面接の練習になると言えます。本番を経験し慣れることで、面接時の緊張が軽減される可能性が高まります。

転職について相談する

「結果に一喜一憂せず、事前準備で心にゆとりを持とう」

面接が得意という人は少ない

不採用が続いている。

圧迫面接のトラウマが残っている。

自分の経歴に自信がない。

様々な理由から、面接を苦手とする人は少なくありませんが、見方を変えれば面接を得意とする人もほとんどいません。自分が面接を苦手とする要因は何かをきちんと分析し、対策を講じることで面接への不安はかなり払しょくできるはずです。面接が苦手という人は、なぜ自分がそう感じるのかを一度考えてみることをおすすめします。

面接官も同じ人間であり、立場は対等

面接において応募者側が必要以上に遜る必要はありません。「相手も自分も同じ人間」という心持ちでいたほうが、ゆとりを持って質疑に臨めるはずです。面接官の質問は、時に応募者の痛いところつくものであったりしますが、それは単に答えを知りたいからであって、他意はありません。

面接を成功させるには事前準備が不可欠

採用面接では、多くは定番の質問がされます。面接の度に考えながら答えるのではなく、内容については要点を事前に整理し頭に入れておく必要があります。この時、答えを丸々暗記するのではなく、その都度求められる経験・人物像などに即したアピールができるエピソードを盛り込みながら構成していくことが重要です。面接においては、何より自分の言葉で伝えることが大切であり、事前に暗記した模範解答では伝わりません。

 

面接の事前準備としてもっとも有効なのが模擬面接。その際、面接官役は家族・友人・先輩・転職エージェントなどの第三者にお願いするとよいでしょう。

 

*キャリアスタートなら面接対策も可能

数ある転職エージェントの中でも、面接に不安を感じているという方に特におすすめしたいのは「キャリアスタート」です。キャリアスタートは既卒やフリーター、20代若手の転職に特化したサービスをおこなっており、専任のキャリアアドバイザーが親身にアドバイスしてくれるのが特徴です。もちろん面接対策も十分で、利用者の不安・疑問には丁寧に答えてくれます。

 

【キャリアスタート利用者の方からの声】

「自分の言いたい事をなかなかうまく言葉にできずにいたのですが、ちゃんと私の性格も理解してもらいながら、言いたい事を整理してもらえました」(Y.N様)

 

「キャリアスタートさんが丁寧に面接トレーニングをしてくれたので、実際に面接に行ってもそんなに緊張しなかったです!」(H・Y様)

 

「面接トレーニングでは、コンサルタントの方と改めて自己分析・志望動機についてしっかりと練ることができました。そのおかげで面接本番ではしっかりとアピールすることができました」(S・S様)

転職について相談する

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!