履歴書の自己PR欄には何を書く?作成時のコツと注意点|例文付き

新卒・中途を問わず、人材採用は書類選考からスタートしますが、履歴書・職務経歴書の作成において応募者が最も頭を悩ませるのは「自己PR」ではないでしょうか。特に社会人経験の浅い方が転職する場合、何をアピールするかが最大の悩みどころだと思います。

ここでは効果的な自己PRの書き方について、例文を交えながら詳しく解説します。

≫第二新卒が自己PRするときのポイントは?【パターン別例文付き】

履歴書の自己PR欄に関する基礎知識

履歴書の自己PR欄に書く内容

「自己PRに何を書いたらよいかわからない」という人のために、まず主に書くべき内容の例を紹介します。

長所

長所と言えば「明るい」「粘り強い」「真面目」など性格面の特徴を挙げることが多いようですが、それだけでは抽象的で曖昧な印象になってしまいます。肝心なのは「応募先企業の求める人物像に合致する強みを持っているか」です。まずは、応募先企業の求める人物像と自分との合致点を探し、強みとなるポイントを明確にし、自分の長所としてアピールしましょう。

スキル

端的に言えば、「どんな能力があり何ができるのか」のアピールです。保有資格、前職で獲得したスキルなどを具体的に表記し、「入社後はこんな仕事を任せてみたい」と採用担当者が具体的にイメージできるような内容を心がけることが大切です。

前職で残した成果・実績

これまでのキャリアの棚卸しを行い、自分自身のポートフォリオを作成するとよいでしょう。特に成果を挙げた仕事、困難な課題を克服した仕事、新しいチャレンジに成功した仕事などいくつかのテーマに沿った実績例として紹介できるとベストです。

仕事に対するこだわりや考え方

ビジネスパーソンとしてどう仕事に向き合ってきたのかは人事担当者も気になるポイントのひとつ。

「仕事のプライオリティを明確にし、効率的な仕事の進め方ができる」

「タイムマネジメントがしっかりしている」

「目標達成に向け最大限の努力を継続することができる」

これらを具体的なエピソードを交えてアピールできると、評価はグッと高まります。

履歴書の自己PR欄と職務経歴書の違い

履歴書の自己PR欄はフォーマットが決まっていることが多く、記入できる文字数も限られているため、詳細な記述はできません。そのため、詳細な自己PRは職務経歴書用に記載し、履歴書には職務経歴書に記載した内容の要点を記入するとよいでしょう。

≫履歴書に空欄を作るのはNG!志望動機や自由記入欄の正しい書き方

転職について相談する

履歴書に書く自己PRの例文

職種別に簡単な自己PRの例文を紹介します。

営業職の自己PR例文

私は営業職の経験こそありませんが、雑貨店での販売業で得たスキルがあり、これは転職後に大いに活かせると確信しております。前職では自分が売り場づくりを創意工夫したことにより、目標売り上げの達成に貢献できました。また、コミュニケーション能力、リーダーシップを評価され、新人の教育担当も任されていました。これらの経験・スキルは営業職に強く求められるものですし、さらなるステップアップのために是非とも貴社で活躍させていただきたいと思っています。

事務職の自己PR例文

前職では営業事務として、営業サポートを中心に請求書処理など事務処理全般を経験いたしました。入社3年目、会計の仕事にやりがいを感じ簿記2級の資格を取得、現在は簿記1級と秘書検定取得を目指しています。入社4年目に主任に昇格し、新人教育も任されメンバーマネジメントも経験しました。これまで営業事務として営業サポート的立場で仕事をしてきましたが、今後は会社全体を見渡す立場で事務の仕事がしたいと思っています。

企画職の自己PR例文

前職は貴社と同じアパレルメーカーに営業として勤務し、主に販売店舗の統括・イベント企画などを担当しました。店舗を統括する立場として、マーケット動向を敏感に察知するスキルを養ってきたという自負がありますし、売れる商品を見抜く力にも自信があります。今後は商品企画という仕事で、これまで培ったスキルを発揮したいと思っています。同じ業界にて働くものとして、貴社の商品開発ポリシーや経営方針などについて深く研究してきましたので、必ずお力になれるものと確信しております。

転職について相談する

「履歴書の自己PR欄を書くときのコツと注意点」

履歴書の自己PRを書くときのコツ

自身の経歴やアピールポイントを整理する

アピールポイントを明確にするために、まず客観的視点に基づいた自己分析を行いましょう。これまでの仕事や実績、自分の強み・弱み、得意・不得意などをすべて書き出し、前職の上司・同僚・友人・家族など第三者の客観的評価と自己評価をすり合わせながら自分強みとなるポイントを明確にします。

応募する企業のニーズを意識する

応募先企業の求人情報に記載されている「仕事内容」や「求める人物像」をチェックし、自分との接点を探します。自分の経歴や強みに接点がある場合は、そこがアピールすべきポイントです。ただし、企業の求める人物像に自分を無理に合わせることは禁物。無理に自分を合わせると、仮に採用となっても入社後のミスマッチにつながる可能性が高くなります。

履歴書に自己PRを書くときの注意点

文量は記入欄の8割程度に留めるようにしましょう。1つの話題につき、3行程度記載するのが目安となります。但し、余白が多いとマイナスな印象を与えてしまうため、バランスには注意が必要です。

また、読みやすさの点から履歴書・職務経歴書などの書類はPCで作成するのが基本となりますが、手書きで記入する場合は読みやすい字の大きさと量を意識して丁寧に記入することを心がけてください。

さらに、履歴書・職務経歴書においては誤字・脱字、日本語の間違いはNGです。提出する前に全体を十分にチェックし、完璧な内容に仕上げてくだい。

≫第二新卒の履歴書作成のコツ|志望動機や本人希望記入欄に何を書く?

転職について相談する

完璧な応募書類でなければ面接には進めない

「採用担当者は応募書類のすべてに目を通さない」

少し乱暴な言い方ですが、それが現実です。

採用担当者は多忙な業務の合間にたくさんの応募書類に目を通さなければなりません。

読みにくい、誤字脱字が多い、要点が整理されていないなど、完成度の低い応募書類は一目見ただけで弾かれてしまいます。

さっと斜め読みしただけで要点が伝わらないと、採用担当者はじっくり読んではくれません。

「何社応募しても面接に進めない」という方は、応募書類の完成度に問題があるのかもしれません。

履歴書の自己PRは簡潔に

先に解説した通り、履歴書の自己PR欄はスペースが限られており、多くを記載することはできません。履歴書の自己PR欄には職務経歴書に記載した内容の要点を記載し、職務経歴書を読んでみたくなるような構成を心がけましょう。見出しのレイアウトを工夫するなどして、一目で要点が伝わるようにしましょう。

転職について相談する

先輩の体験談

R.O 様
労働環境を整え、長期的に働けるIT企業に内定!

エージェントを利用したきっかけは何でしたか?

自分の好きなものや興味があるものを仕事にしようとした思いましたが、上手くいかず、方向性が分からなくなりました。このまま仕事を続けられるか分からなかったので、第三者の意見も聞きたかったです。
また、履歴書、職務経歴書の添削や面接対策なども対応してくれるからです

実際にキャリアスタートで面談してみていかがでしたか?

面接対策が良かったです。またマメに連絡があって進捗確認ができました応募から内定までスムーズに進める事ができました。

体験談の詳細はこちらのページよりご覧いただけます

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!