技術営業の仕事内容とは?仕事のやりがいと必要なスキル

最近、求人サイトや求人雑誌など転職市場において「技術営業」という言葉をよく見かけるようになりました。まだ聞きなれない職種ですが、電子部品や機械関連、IT業界などのメーカー、専門商社やSIerでも採用が広がっています。では、一般的な「営業職」や「技術職」とは何が違うのでしょうか。今回は、「技術営業」の仕事の内容や、「技術営業」として転職を目指す際に必要となるスキルや資格、そして「技術営業」の仕事のやりがいや魅力など解説します。

≫将来性のある仕事とは?今後伸びる職種の見極め方と転職のコツ

技術営業とは

 「技術営業」とは、技術的な専門知識を活かして営業活動を行うことで、セールスエンジニアと呼ばれることもあります。医療器具や計測機器、情報システム機器のメーカーなどの高い専門性が必要とされる業界で活躍しています。

技術営業の仕事内容

「技術営業」の仕事は、技術的な知識を活かして、顧客に商品やサービスの導入を提案することです。一般的な営業職と比べてより専門的な知識を持っているので、深い見地に沿って自社商品やサービスの優位性を訴求することができます。

具体的には導入を検討している段階のクライアントに、経営課題の解決や業務効率の向上などのために、自社の商品やサービスの導入と活用方法を提案したり、導入に関して問題点や課題、要望がある場合には、技術開発部門へその情報を伝えて製品設計にフィードバックする橋渡し役も担います。

普通の営業職との違い

一般的な営業職は、自社の商品やサービスを顧客に販売するのを目的に提案や商談を行います。その面においては技術営業職も同じですが、技術営業職はより専門性の高い商品やサービスを扱う業種で採用されているため、顧客からの技術的な質問や専門的な細かな疑問などに対応します。技術営業職は、専門知識やバックグラウンドを持っているからこそ、これらにも対応することができます。

転職について相談する

技術営業のやりがいと魅力

 「技術営業」と普通の営業職との違いを説明しましたが、次に「技術営業」のやりがいや魅力について解説します。

様々な業界で活躍できる

「技術営業」が活躍している主な業界は、電子部品や機械関連、IT業界、半導体関連、医療機器などのメーカーです。また、メーカー以外でも、専門商社やSIer(システムインテグレーター)など必要とされる企業や分野がどんどん広がってきています。

技術的な知識だけではなく、営業スキルも身につけられる

「技術営業」は、専門的な知識だけでは成り立たちません。顧客のニーズや意図を汲み取って、最適な提案をする必要があるため、営業職と同じレベルのコミュニケーション能力などがスキルが必要とされます。

転職について相談する

技術営業で必要なスキル・資格

 では「技術営業」に転職を希望する場合に、どのようなスキルや資格が必要なのでしょうか。3つのポイントを紹介します。

コミュニケーション能力

「技術営業」でも、一般的な営業職でも一番重要なスキルはコミュニケーション能力です。顧客に対して、自社の製品やサービスに使われている技術などについて、分かりやすく伝えて、そのメリットをアピールするには、コミュニケーション能力と提案力が必要となります。

また扱い製品やサービスが高度であれば、顧客の理解度に応じて、柔軟に対応することも大切です。

問題解決能力

「技術営業」には問題解決能力も必要です。顧客が悩んでいる課題を解決するのも技術営業の仕事であり、顧客の悩みを解決することで、信頼を得ることができます。

顧客が抱えている経営課題や業務の効率化などの問題に対して最適な解決方法や導入アドバイスもすることは、「技術営業」としての専門知識や経験がなければできないことも多くあります。高度な専門知識があるからこそ、顧客からの信頼を得られるチャンスとなります。

最新の技術情報に関して、常にアンテナをはっておく

「技術営業」は、専門的な知識によって顧客にニーズに応えるため、常に最新の技術をキャッチアップしていく必要があります。自社の商品やサービスに関する情報はもちろん、担当する顧客の業界に関する知識も必要です。

また、社内のエンジニアとの連携することで、最新技術の情報を得たり、知識の拡充を図ったり、顧客のニーズをフィードバックして製品やサービスの開発に活かすことも重要です。

≫エンジニアとは?職種や必要な能力の解説、未経験で就職する方法まで

転職について相談する

技術営業は理系のバックグラウンドが必要?

 

技術営業として転職を目指す場合、どのような職務経歴や経験が必要なのでしょうか。

技術営業はエンジニア出身者が多い

「技術営業」には、専門的な知識が必要なためエンジニア出身者が多く採用されています。エンジニア出身者は、商品の設計や構造、技術的なメリット・デメリットなどの技術に関する知識が豊富なので技術営業職への転職の際には有利です。

企業によっては、理系のバックグラウンドのある人材に限定し「技術営業」を採用している場合もあります。営業経験がなくても、コミュニケーション能力や問題解決能力があれば問題はありません。技術職より技術営業職の方が年収が高い場合が多く、キャリアップ目的での転職を目指す人も増えています。

技術営業は、専門的な知識で強い信頼関係を構築できる職種

 「技術営業」は、専門的な知識を活かして顧客に提案を行う営業職です。技術営業は顧客と、技術的な信頼関係を構築することができるので、顧客は提案に真剣に耳を傾けてくれます。また、顧客の課題を製品やサービスの開発にフィードバックする役目も担っているやりがいのある仕事です。

転職について相談する

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!