既卒の就活を成功させる方法とは?企業に届くアピールポイントとコツ

学校卒業後、一度も就職経験がない人を既卒(または既卒者)と呼びます。既卒者の中には、これから就職先を見つけられるのかどうか不安になっている方もいると思います。また、どのように応募すればよいのか、また新卒を募集している求人にエントリーをしても大丈夫なのかなど、活動方法が分からない方もいるでしょう。既卒の就職活動では、自己PRや事前の準備がとても重要なのです。

》既卒フリーターが正社員で就職するには?

「既卒に関する基礎知識」

 既卒とは新卒とは異なり、就職では新卒よりも不利といわれることがあります。

●既卒とは 

 既卒とは一般的に、大学院や大学、専門学校や高校などの学校を卒業してから1~3年の間に正社員として一度も働いたことがない人を指します。学校卒業後にアルバイト勤務だけをいくつかおこなってきた、または数年同じアルバイトを続けていたというフリーターも、正社員として就職していなければ既卒に入ります。似たような言葉として第二新卒という言葉がありますが、これは既卒とは異なり、卒業後から3年以内に一度就職をした経験がある人を指します。

●既卒の就活が不利と言われる理由

既卒、新卒、第二新卒がそれぞれ同じような能力で採用時に比較することになった場合、既卒の採用優先度は低くなってしまいます。将来的な戦力として学生や新卒を育てたいと考えている企業が多いためです。
また、企業では既卒を中途と同じように考えていて、中途の採用では社会人経験が3年以上ある経験者などの即戦力になる人を求めるので、社会人経験がない既卒を採用する優先度は低くなります。
既卒と第二新卒と比較する場合も就職の経験が差になります。第二新卒は既に社会人経験があるため一般的な社会人としての研修などが不要ですが、既卒者だと新卒と同様の研修を必要とされるために育成に手間や費用がかかることが第二新卒よりも敬遠される理由です。

しかしすべての企業がこうした考えをもっているわけではありません。特に現在では少子化による新卒者数の減少、企業同士の競争が激化していることから、求職者の方が有利になる、いわゆる売り手市場の状態のため、新卒からの採用だけでは新しい人員確保が難しくなっています。

》大卒フリーターのメリットとデメリット|正社員として就職するには?

就職について相談する

「既卒者のアピールポイントと就活のコツ」

採用の面談で失敗することのないように、既卒者だからと自信をなくすのではなく、既卒だからこそ企業にアピールするべきポイントやコツなどを事前に押さえておきましょう。

●既卒者が企業にアピールできるポイント

企業側が既卒者に対してメリットと考えている部分は、指導のしやすさや熱意などです。また社風にあっていれば新卒よりも優先して採用されることもあります。

・育てやすさ
第二卒と異なり、一度も勤務経験がないということは、どの企業の考え方にも染まっていないということです。そのため仕事の指導する際に「他ではこうだった」と反論をせずに素直に受け入れられるという点をアピールしましょう。また、仕事を教えてく上で、自分は謙虚な姿勢、自分からやろうとする姿勢があり、伸びしろがあるということを伝えると、企業は育てやすいと感じます。また、採用された際に周囲の同僚とよい人間関係を築けると思われることも大切です。

・熱意の強さ
既卒は就職活動に力を入れていなかったのではないかと思われる傾向にあるため、応募する企業に対して入社意欲が強いことをアピールしましょう。そのためには事前にどのような事業を行っている会社なのかを調べておき、その上で募集している業務の内容で自分の性格が強く生かすことができる点を見つけておくことがポイントです。
ただ自分の性格が役に立つというだけではなく、実際に入社後どのようなことをチャレンジしていきたいか、どんな業務を頑張っていきたいのかも考えておくのがおすすめです。

・社風に合っていること
事業内容だけではなくその企業の社風も重要です。社風は企業のホームページにて代表のメッセージや職場の雰囲気などを確認ができるケースも多いので、企業が求める人物・人材と自分がマッチしているかどうかも確認しておきましょう。

●既卒者の就活のコツ

既卒者が就職率を上げるポイントは、ただ自分に合っている企業を探すだけではなく応募前に準備をしておくことです。

・応募前
まずは自分の性格や向いている仕事などの自己分析をしましょう。そして就職の面談で聞かれることの多い「なぜ新卒で就職をしなかったのか」「卒業後に何か努力をしてきたか」などの質問に対する回答を考えておくのがよいです。努力は就職活動だけではなく、アルバイトや何らかの活動をしていたのであれば、その中で頑張っていた点などもアピールポイントになります。過去に就職していないので、仕事以外で自分の人間性を見てもらう必要があります。

また、既卒の就活は、自分のやりたい職種があったとしても、ひとつに絞らずに幅広い業界や職種にも目を向けましょう。自分が仕事以外で苦手とは感じない業務なども踏まえて探すことがポイントです。自分にできることをいろいろ考えているうちに、やりたいと思える仕事が増えてくることもあります。

応募先の企業が決まったら、企業がどんな業務や発表をしているのかを調べ、応募を公開している企業に対し「御社は既卒の応募を受け付けているのでしょうか」と直接企業への問い合わせをしてみるなど積極的に行動することもアピールになります。

・面接対策
面接が決まるかどうかにかかわらず、事前に面接の対策をとっておくことが重要です。挨拶やスーツの着こなしなどの身だしなみから言葉遣いなどビジネスマナーの基本的な部分は押さえておきましょう。

面接では既卒や新卒にかかわらず「なぜこの会社を選んだのか」という質問が多く見られます。自分が応募しようと思った事には理由があるはずですので、魅力に感じた点だけでなく、自分の性格や過去のアルバイトや活動などから業務に生かすことができる部分があったり、就職した上でやりたいと思っていることなどを完結に伝えられる答え方をまとめておきましょう。

現在就職するために自分がどのような点を頑張っているかなどもアピールできるポイントです。例えば資格の勉強をしていた、アルバイトで頑張って新しい業務を担当できるようになったなどのエピソードを元に、なぜそうした努力をしきたのか、また実際にやりとげられたのか、達成できたかどうかにかかわらず得ることができたことなども合わせて答えられると採用担当者への印象は良くなります。

面接を突破するための自己PRのポイント|説得力のある回答例付き

就職について相談する

「既卒者の具体的な就活方法」

既卒者が就職活動をおこなう際に新卒の採用枠に応募できるケースもありますが、実際の内定採用率は応募者の半分ほどです。新卒枠以外では中途採用の枠で未経験者や経歴を問わない募集に応募する方法もあります。

●企業のWebサイトから直接応募する

企業のホームページに求人用のページが用意されているケースもあります。細かく新卒や既卒などの条件が書かれていない場合もありますが、既卒でも応募できるかどうかを事前に問い合わせてみましょう。こうした問い合わせる行動力が採用に繋がるケースもあります。

●人材紹介、就職エージェントを利用する

自分で直接企業に応募する以外にも、求職者側と企業側の間に立ってくれる人材紹介会社や、転職・就職エージェントなどを利用する方法もあります。人材紹介会社や転職・就職エージェントは企業と応募条件に合う人材とをつなぐ就職支援サービスを提供していて、既卒を含み、社会人経験が少ないもしくは全くない方への就職支援や求人の紹介を受けられます。また、求人紹介だけでなく、カウンセリングや履歴書の添削、面接対策などの採用試験のサポート、就職についての悩みの相談なども受けられることがあります。

●ハローワークを利用する

公共機関であるハローワークでは全国のハローワークに登録されている求人を検索することができます。ハローワークでは求人を検索するだけでなく、求職者の現在状況に応じて「どんな仕事が向いているか」などの相談をすることもできます。

また、ハローワークの中でも新卒予定者・既卒者向けの「新卒応援ハローワーク」では、既卒も新卒扱いの対象となっており35歳前後までの求人を扱っています。
ここでは求人の紹介だけではなく、自己分析をおこなって自分に向いている仕事の相談、ビジネスマナーの習得、面接対策をしてくれるセミナーなどもおこなっているので、就職に向けた基礎知識をつけることが可能です。また仕事のスキルを身に付けることができる職業訓練に参加したい場合も相談することもできます。

●求人サイトを通じて応募する

求人サイトを通して応募することも可能ですが、人材紹介や就職エージェントと異なる点としては、あくまで応募のできるシステムを用意しているだけで、間に立って相談や自己分析などをすることができないため自分で事前準備をしなければいけません。

主に新卒の就職をメインに扱ったサイトや、それ以外の既卒や第二新卒だけにターゲットを絞ったサイトが多くみられますが、新卒用の就職サイトでも一部既卒のエントリーを受け付けていることもあります。
既卒と第二新卒を扱っているサイトでは、既卒というキーワードを絞って求人を検索して、未経験者歓迎や経験不問としている求人を中心に探してみると、既卒でも応募できる求人が見つかりやすくなります。

就職について相談する

既卒でも就職のチャンスはある

学校卒業後に企業への就職経験がない方は既卒という扱いになり、一般的には新卒や第二新卒よりも不利とされていますが、既卒者でも仕事に対しての意欲をしっかりとアピールすれば就職先を見つけることは可能です。
求人を見つけるためには直接企業のホームページから応募する他、就職エージェントやハローワーク、求人サイトなどを利用する方法があります。
私たちキャリアスタートも就職エージェントのひとつで、既卒者向けの求人を多く扱っていますので、お困りの際は、私たちキャリアスタートまでお気軽にご相談ください。

就職について相談する

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!