毎月待ち遠しい給料日の豆知識

【はじめに】

働く人が首をなが~くして待つ、給料日。
嬉しくなったり、ホッとしたりする、給料日。
会社によって違いはありますが、給料日って25日というイメージがありますよね。
しかし、雇用形態によって支払日が違う場合もあるんです。
今回は、給料日の豆知識をお伝えします。

【給料日の豆知識】

冒頭でも書いた通り、給料日は25日のことが多いのですが、雇用契約の状況によって変わる場合もあります。

<正社員>

大抵の企業は、5日、10日、15日、20日、25日の五・十日を正社員の給料日としていて、25日が支払日のところが多いようです。
25日に支払われる企業が多い理由には諸説ありますが、中でも下記の二つの説が有力とされています。
一つ目は、会社・個人ともに引き落としや支払いが月末に多いため、月末からずらしているという説。

引き落としと支払いが月末でかち合ってしまうと、給料が入る直前に引き落とされて困る人が出てくるかもしれないので、納得できます。
二つ目は、会社の経理をすべて手作業で行っていたころの名残という説。
月末に経費の支払いをし、会計の締め切りが月の上旬となることが多いため、パソコンがなかったころは特に、この時期の経理担当は大忙しでした。
そのため、忙しい時期からずれた、25日(または15日)が給料の支払い日となっているようです。
「昔からそうだから」という理由でそのまま続いているという説も、なんだか納得がいきますね。

<派遣社員の給料日>

派遣社員の給料の支払方法には、月払い、週払い、日払いがあります。
月払いは通常、正社員と同じ25日にまとめて支払われることが多いですが、派遣社員の月払いの場合は毎月15日と月末の2回に分けて支払われることもあります。

<アルバイトの給料日>

アルバイトの給与の支払い方法は三つあり、月払い・週払い・日払いとなっております。
月払いは他の雇用形態でも一般的なので想像がしやすいと思いますが、正社員と同じく25日に支払われることが多いようです。
週払いは、働いた週の最終日に支払われます。
日払いは、働いた日に支払われます。
まとまったお金がすぐに欲しい時は週払い・日払いの単発のバイトや派遣を探すといいかもしれません。

【最後に】

今回は、給料日についてまとめました。
自分の給料日がいつなのかを確認したい時は、利用している銀行や郵便局で通帳記帳をするか、会社から届く給与明細書を見ましょう。また、内定後に「条件通知書」という書類を送ってくる企業の場合は、そこに給料日が記載されています。
自分の給料日がいつなのかを把握して、うまく生活費をやりくりしたいですね。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!