何が違うの?給料と賃金の違いとは?

INDEX

働いている上で思いもよらない事で「ん?」と悩むことがあります。
今回は素朴な疑問にお答えしていきます。
給料と賃金ってどう違うの?なんて思う方もいるでしょう。
もちろん、思わない方もいるでしょう。
今回はこの給料と賃金の違いについてお話していきましょう。

◆お金の名前の意味とは?
一生懸命働いた上で貰えるもの。それは何かというと?
お金であり、賃金であり、お給料であり、お給与であります。
ですがこの呼び名の違いとは業界によっても様々で変わるようなのです。
ただし、業界が変わればその呼び名のイメージと言いますかニュアンスも変わるようなのでそこは注意すべき点でしょう。
では、どのように変わっていくのでしょうか?
ゆっくり確認していきましょう。

◆呼び名の意味の違いとは?
ここでは呼び名の違いについてお話をしていきたいと思います。

①給料、給与について
この名称は給与所得の中に含まれるもので所得税法の管轄となります。
ですから所得税徴収率に関わってくる文言と言えますね。

②賃金とは
賃金は労働基準法や雇用保険法などで使われる名称となっています。
従業員の賃金の事も指していますね。
基本的には企業から支給される従業員の賃金に対して使われる言葉である為、
役員報酬などとはまた別の扱いになりますね。

③報酬について
報酬に関しては健康保険法や介護保険、厚生年金、民法で利用される呼び方ですね。
法律上では労働に対する対価となっています。
給与や給料とはまた違った感じになりますね。
要は部外者に払うお金を報酬という様な言い方をするわけです。

◆呼び方とその意味は様々
いかがだったでしょうか?
お給料や賃金など様々な呼び名がありますね。
要は企業から付与されるお金に対して「給料・お給与や賃金、報酬」といった様に形式を分ける事で法律も分けるという風に考えて貰えば分かりやすのではないでしょうか。
最後に少し細かく言うと、お給料は使用人に対して雇い主が支払うものであり、給与は給料に諸手当を含めたものというのが一番分かりやすいですしょう。
以上が給料と賃金の違いでした。
皆さんご理解して頂けたでしょうか?
少しややこしい感じもしますが、最初のうちだけです。
しっかり考えておけば、給料だの、報酬だのに惑わされることもないでしょう。
普段何気なく使っている言葉でも、これだけ意味が変わると少しビックリしてしまいますね。
今後は間違えないように、言葉の使い方もあらためて行きたいですね。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!