給料が見合わないから転職したい!は転職理由として成立する?

INDEX

職場で指導する立場に置かれるのは正社員とは限りません。長く勤務しているベテランのパートタイマーなどであれば、新人を指導する立場を任されることは少なくないようです。
しかしパートという雇用形態から正社員から甘く見られ、指導をした新人から的外れな反論を受けたり、指導をしても言うことを聞いてもらえなかったりと、重い立場なのに給料が見合わないと感じるケースもあるようです。
処遇は追いつかなければ働く気力は薄れますし、精神的な負担から新たな仕事を探そうと思ってしまうこともあるかもしれません。しかし給料や処遇が見合わないから辞めるということは、転職理由として成立するのでしょうか。

転職先の面接で告げる退職理由は?
転職を希望する際には会社の面接をクリアする必要があります。その時に面接官に、前の職場を去った理由をたずねられることもあるでしょう。しかし退職理由次第で、前職を去ったのは前向きな退職なのか、それとも不平や不満だけを理由とするものなのか印象が変わります。
実際のところ、退職して新しい職場へと転職を希望する人のほとんどが、前職に対する不遇への不満や将来性に対する不安を抱いたことを理由としているでしょう。しかしその不遇や不安だけを面接で強調したとしても、単なる会社批判と捉われるだけです。

面接で力が入りすぎないようにすること
誰でも頑張っていたのに適正な評価がされず、収入も上がらなければ転職したくなるでしょう。その気持ちが強ければ強いほど、希望する職場の面接では悔しい気持ちが表に出てしまい、興奮気味に話してしまうこともあるかもしれません。
しかし転職とはこれまでとは違う企業に入社して、そこで働き自分のため、企業のため、社会のために貢献するために働くことが目的です。
面接官はカウンセラーではなく、面接を受けた人を適正に評価して採用するべき人材かを見極めるために行う人であることを認識しておきましょう。

面接でアピールしたいこととは?
前職の給料の低さや将来性の低さなどを強調しても好感を抱かれることはないでしょう。
なぜならどのような企業でも業績が良い時と悪い時があるはずですので、仮に自社の業績が悪化して低迷した場合、会社や他の社員と一丸となって会社を立て直そうとする人材でないと判断される可能性が高いからです。
面接では前職で自分がどのようなことを行い、どのような好成績を上げることができたかなどをアピールし、自分のキャリアを活かすことができる企業に転職したいといった前向きな理由を告げることが大切だと言えるでしょう。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!