給与が少ない場合の転職について、注意点とは?

INDEX

お給料が少ないと最終的に考えてしまうのが転職です。
確かにお給料が少ないと生活していけませんよね。
そうなると当然転職も視野に入るわけです。
今回はお給料が少ない場合の転職についての注意点についてお話していきましょう。

◆転職の理由ベスト3に入る!?
お給料が少ないというのは転職に係る重要な問題でもあります。
独自のアンケート調査でもベスト3に入る人気ぶりです。
とにかくお給料が少ないのは厳しいですね。
お金はとても大事でしょう。
可能であれば歳を取るごとに生活水準も上げたいですし、将来の為の貯蓄もしたいでしょう。
お金さえあればやりたい事はできます。
お給料を上げよう!と努力することも大切ですが、実際にはそううまくはいきません。
では、どうすればいいのか?最終的に辿り着くのがお給料のいいところに転職する方法です。

◆転職の際の注意事項
お給料が少ないという事で転職をはじめようと思うでしょうが、そこで一点だけ注意しておきたい事があります。
それは求人情報を見る時です。
求人情報を見ているとお給料欄で最大40~60万円なんて書いてあるのを見かけませんか?
この金額は基本無理だと考えておきましょう。
最近は労働基準法も厳しくなり、労働時間もだいぶ制限される様になりました。
そんな状態で入社したての新人がその金額を稼ぎ出すのは無理とは言いませんが非常に難しいでしょう。
とにかく、情報誌などに記載されている金額は鵜呑みにしない様にしましょう。
もしどうしても気になる様であれば、過去のデータを調べるなり、大手企業であればインターネット等でレビュー等を見るのもいいかもしれませんね。

◆家族持ちは特に注意
家族を養うためには当然お給料は必要です。
しかし、お給料を多く貰えるという事は確実に何かを犠牲にしなければいけません。
例えば、土日祝日は仕事というのは当然あり得ますし、昼勤務や夜勤務の交代制かもしれません。
高いお給料を貰えるという事は何かしらのデメリットがある可能性が非常に高いですね。
なぜそんなにお給料がいいのか?と言う事を今一度確認しておく事が重要でしょう。

◆最後に
給料が少ない状況での転職ですので、どうしてもお給料関係は気になるところです。
しかし、そればかり気にしてしまって面接時に給与交渉をするのはやめましょう。
企業から是非当社に就職してください!というような転職であれば交渉は可能でしょうが、自分に対して優位な状況でない限りは、面接時の給与交渉は控えた方がいいでしょう。
転職の際は十分に注意しましょう。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!