気になる年収!総合職はどのくらいなの?

INDEX

ここ数年、一般職と総合職と分けて就職の募集がかかる事が多くなってきました。
総合職とはどういう意味なのでしょうか?また一般職との違いはどう変わって来るのでしょう。
年収も含め確認していきましょう。

◆総合職って?
総合職とは企業において総合的な業務に取り組む人の事を言います。
要はいろんな仕事を社内で経験することで最終的にはその会社の中核を担う人になれるように一歩ずつ前進していくということです。そのかわり転勤もあり全国各地を飛び回るなんて事もあるでしょう。
最初は営業で入社したとしても数年後には企画、その数年後には人事といろんな部署に異動になる事は覚悟しておかなければいけませんね。
ちなみに一般職とは、営業なら営業と固定されており、その部署から異動することはありません。ただし、その業務に対してはプロフェッショナルになりますのでいわゆる縁の下の力持ち的な立ち位置となるでしょう。

◆気になる年収について
さて、総合職のご説明を見てもわかって頂けるとは思いますがとにかく何でもするのが総合職です。将来、企業の中核を担うレベルになるのですから仕事をどんどんこなしていけばお給料はどんどん上がる可能性は一般職よりは大きいでしょう。
当然管理職に昇進しやすい総合職ですから転勤・異動は否めません。
また福利厚生でもその差は出てきます。将来的には責任のある役職に就く事が多いですのでその分お給料も多いと言えるでしょう。
そこで本題です。
一般職と総合職ではどのくらい金額が変わって来るかと言いますと、入社して5年目で企業にもよりますが50~100万円は年収が変わるようです。
入社して5年目というのはある程度役職も貰える時期です。
石の上にも3年というように、3年で基礎ができそこから更に成長を遂げる事でより高みへと上がっていけます。
特に異動・転勤が多い総合職だからこそのお給料とも言えますね。
そして10年以上働けば総合職のお給料は一般職の倍になるとも言われています。
10年以上ということは大卒から考えると30代前半でしょうか。
一般職の年収は30代前半で320万円ほどが平均と言われていますので実にその倍という事であれば600万円くらいはある計算になります。
あくまでも企業によっても異なるでしょうが平均的にはこのくらいになるでしょう。

◆最後に
総合職は確かに楽な仕事ではありません。
転勤・異動はほぼ断ることはできないでしょう。
しかしそれに負けないメリットがあります。
お給料の安定性や年収の安心感を求めるのであれば間違いなく総合職を目指すべきでしょう!

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!