時代遅れ!?社内連絡は何を使っていますか?

INDEX

一昔前まではメールでのやり取りが主流でしたね。しかし、近年ではそのスタイルも大きく変わりつつあります。
メール今では古いのです。
未だにメールを使っているところは作業効率も含め情報共有の方法を改めて考え直した方が良いのかもしれませんね。

◆チャットを利用しよう
チャットと言えばスカイプが代表的でしょうか。
しかしそのスカイプも互いがパソコンなどの目の前に居て話すことを前提としたコミュニケーションでした。しかし、これのデメリットはお互いがコミュニケーションツールの前で待機しておかなければ会話が出来ない事にありました。
しかし、最近ではビジネスチャットと言われるものが新しく開発されています。
代表的なもので言うとチャットワークという物があります。
このチャットワークは非同期型コミュニケーションツールと言われていて、お互いの時間を共有していなくても連絡が取り合えるというメリットがあります。
気軽にやりとりが出来るのが非常にいいですね。
では、なぜこのような簡潔な連絡方法になっていったのでしょうか。

◆コミュニケーションの簡潔化
メールや手紙ですと必ずビジネス上の挨拶などを交わさないといけません。
例えば、「〇〇様、いつも大変お世話になって~」などです。
毎回、メールの度に記載しなければいけないのがビジネスマナーとなっている為それを簡略化することもできません。
そうなってくると作業効率的には非常によくないです。
例えばそのようなメールを一日100通送るとしてその度に最初のマナー文章を10秒程で書くとすると、1000秒もの時間を無駄にするわけです。
そう考えると書かなくていいようにすれば書かなくていいわけですからチャットがいかに簡潔化されていて情報共有しやすいかが分かって頂けるのではないでしょうか。

◆履歴も見やすい
チャットですと今までの履歴をすぐに追いかけることが出来ます。
逆にメールですとタイトルごとに分かれていますので、昔のメールを探し出したりデータを見つけ出したりするのに一苦労なのです。
そういった過去の情報を引き出す際でもチャットの方が利便性も良いという事もありますし、情報を見返す際でも「Aさん」「Bさん」といったように情報が分かれている為探しやすいでしょう。
またコミュニケーションの遅さはビジネスにとって致命的な弱点となってしまいます。
社内連絡とはいえ、円滑にできる事こそビジネスにおいてもっとも有益な事ではないでしょうか。
近年のビジネスがスピードを重視していく中で人々が簡潔なコミュニケーション手段であるビジネス専用のチャットに移行していくのは自然の摂理といえるのではないでしょうか。
まだ、導入していないのであれば是非検討してみましょう!

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!