会社の呼び方もいろいろ

INDEX

今日は会社の呼び方についてお話していこうと思います。
ビジネスのお話をする上で会社をどのような言い回し方で言葉にしていくは重要です。
そして重要だからこそ、知識不足で恥をかいてしまう事も…。
社内ならまだしも、社外で間違えると大変です。
是非、学んでおいてくださいね!

◆社内で呼ぶ場合
社内で呼ぶ場合は比較的簡単ですね。
「当社」と読んだり「わが社」と呼んでみたり、もう少し砕けば「うちの会社」とも言います。
更には物を作ったり、販売したりしていると「自社開発の~」「自社商品の~」なんて呼び方もあるでしょう。
なんにせよ、自社で話をするときは最悪間違えても上司や同僚からの注意で終わるでしょう。
しかし、社外にでるとそういう訳にはいきません。
ちょっとした言葉使いでも相手の心象を悪くしてしまう事があるのです。
一度言い放った言葉を元に戻すことは出来ません。
注意しましょう。

◆社外で呼ぶ場合
それでは、外部の方に自分の会社を伝える場合ですが、基本的には「当社」「弊社」「小社」を使う事となります。
その中でも特に「弊社」と「小社」に関しては、分かりやすく言うと「あなたの会社より私の会社のほうが下ですよ」という、謙ったいい方になります。
ですから、実際には同等の立場や自分の会社の方が収益など上だったとしても、「弊社」は「小社」を使用することをオススメします。
それが日本の礼節というものです。
どんなに上の立場であっても違う言い方をされ見下されるような企業とはお付き合いしたくないですよね。
そのようにならない為にもメインは「弊社へいしゃ」と覚えておきましょう。

◆相手の事は何と言えばいい?
相手の会社についてですが、これはもう1つしかありませんね。
答えは「御社」です。
「本日は御社にお招きいただき~」などと相手の事を言うときはこのように使います。
でもここで疑問に残る事があります。
たまに「貴社」って言わない?と思った方もいるのではないでしょうか。
「貴社」に関しては言葉で放つというよりは文章にするときに使う言葉です。
「御社」は実際に話す時、「貴社」は文章で伝えるときと覚えておくといいでしょう。
文章で「御社」を使っても恥にはならないものの、勉強不足だな~と思われる可能性は高いです。文面に記載する場合は「貴社」と覚えておきましょう。

◆最後に
余談ではありますが、稀に第三者の企業様の他の会社の話をすることもあるでしょう。
そんな時も素の言葉が出やすいので注意しましょう。
例えばA会社さんと話している時にB会社さんの事を、「あの会社」「あの企業」などと呼び捨てにはしない事です。
そこは気を付けておかないと普段は「この人うちの会社の事こんな呼び方しているんだろうな~」と思われてしまいます。
正しくは「B会社さん」と「さん付け」しておくのが良いでしょう。
このように言葉一つで印象は大きく変わります。
社会人になるからには必ず覚えておきましょう。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!