契約社員から正社員になる方法|志望動機には何を書けばいい?

/

「将来について考えるとやはり正社員として働きたい」

そうお考えの契約社員の方は少なくないと思います。ここでは、まず契約社員と正社員とはどのような点が異なるのかについて解説し、正社員となるための方法、正社員となるために必要なこと、応募の際に注意すべきことなどについてのポイントを紹介していきたいと思います。

》契約社員はボーナスをもらえる?相場の金額と傾向、正社員との比較

契約社員と正社員の基礎知識

契約社員と正社員の違い

・正社員は契約社員よりも恵まれている場合が多い

給与や福利厚生などは正社員のほうが充実しています。契約社員が正社員と同様の仕事を行っても待遇に差があるのが一般的であり、その点に注目するなら正社員を目指したほうがよいと言えるかもしれません。

・雇用が安定している

契約社員は期限付きでの雇用であるのに対し、正社員には期限がありません。景気動向などによっては人件費削減のために雇止めされるリスクのある契約社員に対し、正社員はそのリスクが少ないのも大きな違いと言えるでしょう。

・社会的信用度が高い

正社員は雇用が安定しているため、ローンが組みやすいなど一定の社会的信用が担保されますが、契約社員は非正規雇用のためローン審査などは通りにくくなるようです。また、転職時に契約社員を職歴として評価しない企業もあり、キャリア形成の点においても派遣社員は不利になりやすいと言えるかもしれません。

・契約社員から正社員になれる可能性

会社に規定などよって異なるため一概には言えませんが、社員登用制度を設けている企業でも社内規定で年齢や学歴による制限が設けられている場合があります。つまり規定に合わなければ正社員には登用されないと言えます。

契約社員からの社員登用を目指すのであれば、まず過去に契約社員から正社員への登用実績があるか調べるとよいでしょう。「正社員登用制度あり」と募集要項に記載がされていても、ほとんど実施していない場合も多いため実績の有無は要確認です。勤務先企業では正社員になれる可能性が低いという場合は、他社への転職も検討すると良いでしょう。

契約社員から正社員なる方法を相談する

契約社員から正社員になる方法

正社員登用制度を利用する

社内に制度があれば、正社員登用試験を受けるのが近道。試験内容は書類選考、筆記試験、面接 など一般的な選考と同じというケースがほとんど。実績重視という企業では面接だけの場合もあるようです。

また、社員登用試験を受けるには上司の推薦が必要な場合もあり、日頃から上司とは良好な関係を築いておく事が重要です。

正社員登用を目指すなら、まず企業が正社員登用したくなる人材になることを目標にし、業務で結果を出さなければなりません。他の契約社員にはない突出したスキルを持つことを心がけ、積極的に社内でコミュニケーションをとり人脈づくりに励むことをおススメします。

》正社員登用制度とは?非正規社員から正社員になるためのポイント

5年以上契約社員として働く

2013年の労働契約法改正により、5年以上継続して働く場合、本人が希望すれば無期雇用契約に移行できるようになりました。ただし、この法律に違反しないよう、5年を前に契約解除する企業もあるため、企業に必要とされる人材になる必要があります。

紹介予定派遣制度を利用する

派遣社員として最長6カ月間派遣先の企業に務めた後、正社員として採用されることを前提とした制度を利用するのもよいでしょう。ただし、派遣期間は試用期間のため、正社員に登用されないというケースもあるため、制度がどう運用されているかは事前に確認しておく必要があります。

正社員雇用前提での転職を目指す

確実に社員になりたいという場合、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは在職したまま転職活動を進められるようサポートが受けられるので、ブランクを作らずに転職できる可能性は高まります。

》どうしても社員になりたい!!正社員雇用制度には要注意?

正社員への転職について相談する

契約社員から正社員を目指すときの志望動機のポイント

志望動機に「雇用の安定性」を求める文章は書かない

たとえ本音だとしても、マイナス評価に繋がりやすいため「雇用の安定性を規模しての転職」と書くのは避けましょう。このような記載をすると「安定が得られれば他の企業でも良いと考えている」とみなされますし、社会人としてのプレゼンテーション能力が低いと判断されてしまいます。志望動機には企業の安定性や福利厚生ではなく、業務内容に関わることを書くようにしましょう。

採用側の企業にとってのメリットを挙げる

これまでの経験やスキルを活かし、どのように企業に貢献できるかをアピールしましょう。そのためには企業が求める人物像・採用要件に自分が合致することを効果的にアピールする必要があるため、具体的な業界研究、企業研究が重要です。経験やスキルのアピールでは、ただ書き連ねていくだけでは、志望動機との結びつきが弱くなるため応募企業の業務内容に絞ってアピールしたほうが良いでしょう。

》履歴書に空欄を作るのはNG!志望動機や自由記入欄の正しい書き方

志望動機について相談する

契約社員からの正社員登用は企業次第

まずはその企業の社員登用実績を確認しよう

募集要項などに「正社員登用制度有」と記されていても、過去に登用例がなければ正社員になれる可能性は極めて低いと言わざるを得ません。まずは実績の有無を確認し、正社員となるためには何が必要かを把握しておきましょう。

会社に必要とされる市場価値の高い人間になること

正社員として登用されるには、企業にとって必要な人材でなければなりません。同僚の正社員以上のスキル・能力を獲得するのはもちろん、社内での活発なコミュニケ―ションを心がけ人脈を広げていくことや、推薦してくれる上司との信頼構築などを心がけることが重要です。

転職で正社員を目指す道もある

勤務先での正社員登用が難しいという場合は、転職で正社員になるという方法もあります。その場合におススメしたいのが転職エージェントの活用です。転職エージェントは現職に在職のままで転職活動が可能になるよう様々なアドバイスを無料で提供してくれるので、活用して損はありません。

数ある転職エージェントの中でも、キャリアスタートは第二新卒者向けサービスに力を入れるなど若手社会人向けサービスには定評のある転職エージェントです。「正社員になりたいが今の勤務先では難しい」とお悩みの方。キャリアスタートにご相談ください。

 

キャリアスタートに相談する

20代の就職・転職なら、まずは「キャリアスタートの転職エージェント」に無料登録!

20代の就職・転職にキャリアスタートがおすすめの3つの理由

  • 就職・転職支援実績
    3000人以上
  • 年収100万円以上アップ
    の事例多数
  • 未経験からの就職・転職で
    定着率92%以上

キャリアスタートでは、20代の若手に特化した転職エージェント・就職エージェントサービスを提供しています。エージェントサービスに登録いただくと、事務職やIT営業・ITエンジニアなど、あらゆる職種の中からご希望に沿った正社員求人を無料でご紹介。

求人の応募から内定まで、専任のコンサルタントが徹底サポートします。「履歴書・職務経歴書の添削」や「面接対策」「給与交渉」も無料で代行します。

私たちの強みは、普通では出会えない、20代の若手を採用したい会社をたくさんご紹介できること。さらにコンサルタントを経由して、あなたの魅力を企業側へプッシュしてもらえるので、自分一人で選考を受けるよりも、内定の可能性を一気に高めることができます。

まずは以下のボタンから転職エージェントサービスにご登録ください(簡単1分・無料)