フリーターのままでは焦りが出る!その理由とは?

INDEX

ずっと自由気ままに働き続けるフリーターで良いと思っていませんか?しかしフリーターのままでいると、時間が経過するごとに焦りが出てくる事になるはずです。
フリーターは社会的な信用が薄く、色々な面でデメリットがあるとは言われていますが、精神面でのリスクについても考えておく必要があると言えるでしょう。

最初は最年少者だったのに、いつの間にか最年長者に!
学校を卒業して一度は会社に就職したけれど、退職して今はフリーターを続けているという人もいるかもしれません。
最初は職場にも先輩と呼べる年上の人たちがいて、同世代にも同じフリーターの人もいるなど楽しく働けていたというケースもあるでしょう。
しかし気が付くと30代半ばにさしかかり、同じようにフリーターとして働いていた年上の人たちや同世代はみんな辞めて正社員として就職し、自分が最年長者になっていたということもあるようです。

年下の正社員が増えて立場だけは下っ端のまま!
さらに年下の正社員が多く存在し、年齢的には立場が上なのに仕事の立場は下という状況は、精神的にも決して負担が軽いとは言えないはずです。
仕事がやりづらくなるだけでなく、肩身が狭くなるためだんだん焦りを感じてくることになるでしょう。

フリーターを卒業してもできなくなる?!
これまで意識することのなかったフリーターという働き方に疑問を抱き、やっと重い腰を上げて正社員として働ける職場を探そうとしても、フリーターは職歴にも記載できないことで履歴書は真っ白。
「空白の期間が長いけれど、この期間は何をしていたの?」と、希望する会社の面接で聞かれても答えることが出来なくなってしまいます。
しかもある程度年齢が高いことで、さらに採用されにくくなり、焦りをますます感じる結果となる可能性が出てくるでしょう。

単純作業の繰り返しでスキルを磨くことはできず・・・
また、フリーターに任される業務は単純作業の繰り返しが多くなる傾向があり、仕事を覚える段階での負担は軽くても、長期的な視点で見ればスキルを磨くことには繋がりにくいのが現状です。
また、年齢が進むと集中力を維持することも困難になるので、精神面だけでなく体力的にも単純作業の繰り返しは厳しいと考えられます。

やりがいのある仕事で毎日を有意義に過ごしてみては?
確かに自由で気楽という部分は否定できないですが、その状況がいつまでも続けられるかというと、そうではありません。
将来的に自分の立場で焦りを感じることになる前に、自信を持って働くことができる仕事を見つけることが大切だと言えます。
一日の多くを職場で過ごすことになりますので、その時間を有効に使うためにも、やりがいを持てる仕事を探してみてはいかがでしょう。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!