フリーターのまま働いているのはなぜ世間体が悪い?

INDEX

フリーターはアルバイトという雇用形態で働く人ですので、会社に所属しても臨時的な手伝いの立場であることから、社内での地位は上がらないままです。
正社員の人と同じ年数働いていたとしても、評価を受けるのは社員だけですし、右も左もわからない新入社員よりも下の立場になってしまいます。
もっとも問題になるのは世間体が悪いということで、社会的地位に問題があるとみなされてしまいます。

一生懸命働いても低評価
フリーターという状況は、正社員や契約社員よりも評価が低く、年齢が高くなればなるほど世間体が悪くなります。今の職業を人に聞かれても即答できなくなるのは、複数の勤務先で必死に働いていても定職に就かないでブラブラと気ままに過ごしているイメージが強いからです。

結婚話が破談になることも・・・
もし結婚を前提に付き合っている人がいても、フリーターでは経済的基盤がないので相手の親に反対されることもしばしばあるでしょう。フリーター生活から脱出する機会があるのなら、積極的にそのチャンスを活用するべきだと言えます。
また、雇用が不安定なため病気になって働けなくなれば収入が減少し、たちまち生活が困窮します。

フリーター歴は職歴とは認められない?
再就職などを検討する場合、これまでの職歴を活かして就活に挑むことがほとんどです。しかしフリーターの場合は、過去の職歴をアピールすることが出来ません。アルバイト歴をいくら積んだとしても、職歴として評価されないので、これまでの経験を活かすことが難しいと言えます。

正社員のように能力を高めることが難しい
また、フリーターと正社員が同じ仕事を10年行ったとしても、能力という部分で大きな格差が生じます。正社員は教育など育成してもらえ、責任のある仕事を任されながら成長していくことができます。
しかしフリーターに責任のある仕事を任せるということはまずなく、あくまでもサポート的な役割として業務に徹することになるため、仕事の能力が向上しにくい環境に置かれてしまいます。
これが就活で採用されにくくなる理由で、フリーター歴が長ければ長いほど能力がないとみなされる事になってしまうでしょう。

就活を始めるならまずは相談を!
世間体が悪く、能力も高めることができない、そんなフリーターは卒業して早い段階から正社員を目指すことを検討していきましょう。
転職を支援するサービスを利用することで、正社員になるかどうか悩んでいる段階の人も新しい道が開ける可能性があります。まずは相談してみることから始めてみましょう。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!