フリーターが元気になるには・・

【はじめに】
今、10代、20代だけでなく30代~40代の中高年フリーターが増加している事が懸念されています。原因には、条件にこだわってない正規の職がなかったり、近くに正規の職がなかったり、勤務時間などが自分の都合に合わないなど望んでフリーターを選んだ人は少ないという現状があるようです。ただ、フリーターの一番の利点は、「残業がないこと」「人間関係が正社員に比べると楽なこと」「責任がないので気軽にやめられること」があると思います。
しかし、一年未満で仕事を辞めた理由の上位には「労働時間や休日・休暇の条件」があげられています。それでは「フリーターの今」をみていきたいと思います。

【休日の目的】

休日の目的は、体を休めたり心を休めたりする事です。
日頃の仕事で疲労やストレスが限界以上に貯蓄されたら、身体や心に変調をきたし、調子を崩してしまう要因になります。
自分の身体と心と向き合い、リラックスしたり、のんびりしたりして回復させ、充電して次へのエネルギーに変えて本来の力を発揮することやの意欲を向上させるためにも定期的休みは大事になります。

【フリーターが正社員の所得と同じようにするには休日返上するしかない?】

フリーターが休日を取るには所得の関係からどうしても厳しい現実があります。
正社員と同じ様に所得を増やそうとすると勤務時間を増やさなければなりません。時給が安いため、長時間勤務を強いられ、かつ休みなしで働かなければなりません。
若いうちはいいのですが休みなしでずっと働くには、心身共にきついですし体を壊す原因になります。

【休日をしっかり取るにはどうしたらいいのでしょうか?】

フリーターの中には、兼業をしていたり、フルタイムで働き休日はほとんどない方もいるでしょう。将来の事を考えると、しっかり働いて、収入を得て休日も取得した方がいいです。
ズバリ正社員を目指した方が効率がいいと言えます。正社員は給料が安定しているから休日がゆっくり休めます。フリーターで働いていても正社員を目指すことができますのでこの機会に検討してみてはいかかでしょうか。

【正社員なるまでの大まかな流れ(支援あり)】

正社員になるために専門家の支援を受けて就職活動を始めると、案外スムーズに正社員になれます。就職までの流れを簡単に紹介します。はじめに面談の予約を入れて面談し、それを通して転職自体の相談や希望があれば、適性診断などを受け、求人のマッチングなどを行い、転職サポートを受け企業を面接します。そして就職に結びつけます。支援を受けるとサポートがありますので、安心して就職活動ができます。

【まとめ】

フリーターの現状はかなり厳しいように感じます。休日を返上して働いて、調子を崩してしまっては回復するまでかなり不安になります。3年後や10年後など先を見据えてこの機会に休日を返上して正社員の道を考えてみてはいかかでしょうか。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!