転職回数が多いと次の就職に不利?面接をクリアするには?

INDEX

転職回数が多いと、忍耐力が足らない、コミュニケーション不足など、マイナスイメージが付きまとうことで転職に不利になると考えられることが一般的です。
しかし数回に渡り転職を繰り返していたら、本当に希望する職業に就くことはできないのでしょうか。

転職回数のカウント方法は?
もし転職回数を尋ねられた時、正社員として在籍していた企業数で数えることが一般的であり、パートやアルバイト、派遣で勤務した数は転職回数にカウントしないことが多いようです。
実際に何回までの転職なら企業側の採用で不利にならないかは、その企業の業種や職種によって傾向は多少異なります。
人事担当者は複数回転職を重ねている求職者に対して、退職理由をしっかり説明できればマイナス評価としないこともあるようです。

退職理由が明確に説明できれば問題ない?
20代なら3回、30代であれば3~5回以上で多く転職していると感じられることになり、年齢によって各会社での就業期間が長ければ色々な業務経験を積んでいると判断されることもあるようです。
就業期間が短期の場合には、やはり同じ会社で腰を落ち着かせて仕事に取り組む意識が薄いと感じるケースもあるでしょう。
ただし面接において退職理由の質問に対し、明確な理由など説明がしっかりできればマイナス評価になることはないようです。

・面接前にまとめておきたい回答
どうしても書類選考段階で先入観を抱かれてしまうと、例え面接に進めたとしても不利な状況になってしまいます。なぜ転職したのか、ブランク期間に何をしていたかも含め、転職に臨む姿勢を伝えることが重要となるでしょう。

転職回数が多い人でも欲しい!と魅力を感じる人とは?
複数回転職していても、それぞれの職歴で経験やスキルを得て、実際に学んだことなどが認識できている人は企業にとって欲しい人材です。
上司やチーム、クライアントとのコミュニケーションが円滑で環境適応力が高く、自分のできる事ややりたい事を具体的にイメージできている人は魅力が高いという印象を受けることもあるようです。
他社での経験や知識を糧に、どのように転職先で活かす事ができるかを伝えられるかがポイントだと言えるでしょう。

転職回数が多くても採用されるためには?
自分の市場価値を客観的に分析しながら保持しているスキルを洗い出してみましょう。応募する仕事に必要なスキルを持っていること、優れたコミュニケーション能力、さらに転職する理由を明確に伝えることができるかを再度自身で確認してみることが必要といえます。
また、人材が不足している物流・運輸業界、転職回数にあまりこだわらないIT業界や外資系企業など、転職しやすい業種を狙うのも方法の1つです。
あまり転職回数に捉われず、まず自分のアピールポイントは何なのか、新たな職場でどのようなことを目標に、そして自分の知識やスキル、経験を活かすことができるかを伝える事が出来る様にしておきましょう。

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!