キャリアプランとは?面接で評価されやすい立て方と伝え方

「あなたはキャリアプランをお持ちですか?」

そんなことを聞かれても、何年先のことまで考えればよいのかわからないし、具体的なことなどイメージできないという方も少なくないでしょう。ここでは、まず「キャリアプランとは何か」について明らかにし、キャリアプラン立て方、面接における効果的なアピール方など、「キャリアプラン」についての疑問にすべてお答えしていきたいと思います。

≫しっかりと考えよう!キャリアアッププランは重要です!

キャリアプランの基礎知識

キャリアプランとは?

仕事において自分が目指す目標から逆算して、どのように経歴を積み上げていくかという計画のことをキャリアプランと呼びます。将来のキャリアプランを持つことは、人生において何をすべきかの目標が明確になっていることになり、就職活動や転職活動に役立ちます。

企業が採用面接の場でキャリアプランを質問することが多いのには理由があります。一つは目標意識を持って仕事ができるかどうかを知ること。もう一つは応募者の夢や理想が自社で叶えられるかどうかを判断し、入社後のミスマッチを防ぐことです。

キャリアプランの立て方

キャリアプランを考えるときは、まず自己分析から始めるとスムーズに進めやすくなります。

自分の好きなこと、得意なこと、やりたいこと、できることなどを思いつくままに書き出してみると、自分の志向が明らかになり、なんとなく目指すべき仕事の方向が見えてきます。

また転職を希望する人は、前職で自分が行ってきた仕事について振り返ることも大切です。これまで培ったスキルや実績を客観視することができ、転職市場における自分の市場価値がどのくらいなのかを知ることができます。

キャリアプランはなるべく細分化してプランを立てるのがベスト。半年後、1年後、3年後、5年後、10年後…など、短いスパンでのプランニングをすることで何を起こすべきか次のステップがわかるからです。

 

転職について相談する

面接でキャリアプランを伝えるときのコツ

最終的に達成したい目標から述べる

物事を説明するときは、最初に結論から伝えるのが鉄則。なぜなら冒頭に結論を述べ、後段にその詳細説明するほうが相手に理解してもらいやすくなるからです。結論を最後にすると、聞いている側は「それで結論は?」という心理になり、内容に共感しにくくなります。答え方にも十分な注意が必要です。

企業にマッチしたキャリアプランを答える

応募した企業だからこそ叶えられるキャリアプランを伝えることで、良いイメージを持ってもらいやすいですし「その企業でなければならない」という明確な意思表示にもなります。

まずはその企業の事業内容や経営方針を調べ、「キャリアプランを達成するためにその企業でどんな経験をしたいのか」「自分には何ができて、企業に対しどう貢献できるのか」を具体的に答えることを意識しましょう。

目標達成のための計画や取り組みを伝える

「自分は将来こうなりたい」というキャリアビジョンを語るだけでは不十分です。面接官の共感を得るためには、自分が描くキャリアビジョンを実現するための、具体的な計画や取り組みを示すことが必要です。

たとえば将来的に海外で仕事がしたい人の場合なら「毎日語学の学習に取り組んでいる」「海外マーケットについて情報収集を行っている」など、仕事に直結する取り組みをアピールすると良いでしょう。また未経験の業界・業種の場合は「書籍で勉強している」「その業界・業種で働く社員の生の声をヒアリングしている」など、口だけではなく行動に移していることを示せると良いかもしれません。

転職について相談する

キャリアプランを立てた後のポイント

面接前にキャリアプランの内容をセルフチェックする

面接などの場で自分のキャリアプランを人に話す前に、内容は十分にチェックしておく必要があります。

・具体的な内容になっているかどうか

・実現可能なキャリアプランかどうか

・これまでの経歴を踏まえたキャリアプランになっているかどうか

最低限、これらのポイントは押さえておかなければなりません。

第三者にキャリアプランをチェックしてもらう

採用面接で面接官の共感を得るためには、セルフチェックだけでは不十分です。第三者による客観的なチェックが入れることで、自分では気づかない特徴などに気づくことができ、より説得力のあるキャリアプランに仕上げることができるはずです。

その場合は友人や家族ではなく就職・転職エージェントに依頼するのがおすすめです。やはりその道のプロから実践的なアドバイスがもらえますし、面接官の視点で判断できるのはやはり専門家だけです。転職エージェントの多くが無料相談サービスを行っていますので、積極的に利用されてみてはいかがでしょうか。

≫キャリアアップをしていく為にプランをしっかり考えよう!

転職について相談する

転職とはキャリアプラン実現のための手段

「転職したくてもなかなか採用されない」

そんな人の多くは、転職すること自体を目標としている傾向が強く、入社後のキャリアプランについて深く考えていないように見えます。企業側が採用したいのは「求める人物像に合致し、長期的なビジョンを描きながら、長く企業に貢献してくれる人材」です。つまり、明確なキャリアプランを持つことこそが転職成功のカギとなるのです。

キャリアプランは自分が決める

先にお伝えした通り、キャリアプラン構築は自己分析からスタートします。つまり答えは自分の中にあるということです。自分の好きなこと、得意なこと、できること、他人から評価されたことなど、自分自身について洗いざらい書き出してみることで自分を客観的に捉える材料が揃います。そこから自分が目指すべき方向性を見えてくるはずです。まさに答えはあなた自身にあるのです。

転職はキャリアプラン実現のための手段のひとつ

転職理由は人によって様々ですが、「上司とそりが合わなかったから」「仕事が向いていないから」などネガティブな理由だけでは歓迎されません。明確なキャリアプランがあり、その実現は応募先企業でなければならないという強い意志を示す必要があります。応募先企業が求める人物像に合致し、経験・能力・スキルなどの採用要件を満たした人物で、共感できる明確なキャリアプランを持っているなら採用担当者は喉から手が出るほど欲しいと思うはずです。

プロの視点を活用し、キャリアプランの完成度を高めよう

「自分のことは知っているようで知らない」

それが現実です。どれだけセルフチェックを重ね完璧に仕上げたつもりでも、自分では気づけない穴が必ずあります。そこを補うにはプロの客観的なアドバイスが不可欠。

多くの転職エージェントが登録無料にてカウンセリングなどのサービスを受けることが可能ですので、自分の志向に合う転職エージェントを探してみることをおススメします。

面接は自分自身のプレゼンテーション、伝え方にも最大の注意を

同じことを話しても、話すときの表情や声のトーンなどで相手への伝わり方は大きく変わります。暗い表情より明るい表情のほうがポジティブな印象が強くなりますし、声のトーンが低いと相手に不信感を与える可能性が高くなります。明るく、落ち着いた口調で、ハキハキと答えることで内容に対する相手の理解度はグンと高まるはずです。

転職について相談する

先輩の体験談

真島 依里 様
現職のホテルでは契約上正社員になることができないというところから転職を決意

なぜキャリアスタートで転職活動をすることになったのですか?

在職中の転職活動でしたので、自分の休みの日が平日のみ・時間も不規則だったため、動きやすい方法を探していて、キャリアスタートが調整しやすかったことから、キャリアスタートさんにサポートしてもらうようにしました。

今回の転職で一番叶えたかったものは?

条件としてはまず正社員になりたいということと、自分の家を買いたいという夢が叶うよう収入アップを目指しました。また、自分が力をつけて、5年後10年後リーダーシップが取っていけるような仕事をしたいと考えていました。

体験談の詳細はこちらのページよりご覧いただけます

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!