転職エージェントとの面談のポイント|準備すべきものや服装は?

転職エージェントに登録すると、専任の担当者との面談が行われます。この面談は、転職希望者の過去の経験やスキル、給与など希望する転職先の条件や重視する項目を共有する、重要なヒアリングの場です。これによって転職エージェントが転職希望者の希望にそった求人を紹介し、企業に転職希望者を薦めることができます。つまり、良い求人を紹介してもらえるかどうかは、転職エージェントとの面談の内容に左右されると言ってもいいでしょう。ここでは、面談の時のポイントや準備すべきものや服装などについても解説します。

≫転職エージェントとの面談には何を着ていけばいい?服装のポイント

転職エージェントと面談を行う理由

転職エージェントは、厚生労働大臣の認可を受けた人材紹介サービスの別称で、企業からの依頼を受けて、企業が求める人材を探して紹介するサービスです。転職希望者側から見ると、無料で登録でき、転職相談や企業の求人紹介、面接日時の調整、給与交渉などを代わりに行ってくれる転職支援サービスです。転職エージェントを利用すると、専任の担当者との個別面談が行われるのが一般的です。では、この面談はどのような目的で行われるのでしょうか。

転職エージェントと行う面談とは?

転職エージェントに登録すると、次に専任の担当者と面談を行うことになります。面談の目的は、転職エージェントが転職希望者の過去の経歴や志望する業界・職種、希望条件などを詳しく知ることにあり、その後の転職サポートをスムーズに行い転職を成功させるために行われます。転職活動にそのものに関する不安や悩みなどを相談できる転職エージェントもあります。一般的には1対1で対面での面談形式で行われますが、遠方で面談に行けなかったりや在職中で仕事が忙しく時間が取れない場合など、電話面談に対応してくれる転職エージェントもあります。

面談が必要とされる理由

面談で、転職エージェントは転職希望者の経歴やスキル、転職を希望する業界や職種、希望の条件などを確認します。それは、企業の求める人材像と転職希望者の志望とのミスマッチを防ぐためで、転職希望者には、適した求人を紹介し内定獲得に向けてフォローして、企業には求める人材を探し出し採用につなげる支援を行います。

 

【先輩たちの声】

佐藤知佳さん 職種:販売

 

エージェント使おうと思った理由は何でしたか?

バイトが週7で、ハローワーク使おうと思っても、行けない状態でした。

そんな中で、ネットの評判とかはあてにならなそうだし、

自分で探して失敗したくない、ってときにエージェントを知りました。

キャリアスタートさんは電話で相談からOKだったんで、

すぐに使おうと思いました!

 

エージェントつかってみてどうでしたか?

まず、私はぼんやり「事務かなーって」って思っていたのですが

担当のアドバイザーさんが、「接客も好きなら」って

営業も事務も販売も出してくれて、「本当にやりたいものをしっかり選んで」

と1つ1つ説明してくれました。

冷静に考えたら「やっぱ人と接して動きまわりたい!!」って思って、

販売に応募することにしました。

あのときしっかり考えてよかったです。というのも、

今の仕事で、最初事務っぽいことやってみたんですけど

じっとしてられないな、って感じたくらいでして!人と会って動いてたいという

考えがはっきりして転職してよかったです。

>佐藤知佳さんの詳しい体験談はこちら

 

転職について相談する

転職エージェントで面談を行うまでの基本的な流れ

転職エージェントで面談を行うには、まずは登録して、面談の予約をすることが必要となります。面談を行うまでの基本的な流れについて紹介しましょう。

転職エージェントに登録

有料でサービスを提供している転職エージェントも一部ありますが、一般的には転職エージェントへの登録は無料です。登録は、転職エージェントのWebサイトに、氏名、年齢、住所などの個人情報や学歴、職歴、転職希望の業種や職種、年収などの必要な項目を入力することで行えます。インターネット環境がない人には、電話で登録できる転職エージェントもあります。

面談を予約

登録が完了すると、転職エージェントから連絡が来るので、面談の日程を調整します。メールや電話など面談日時の予約方法は転職エージェントによって違うので確認しましょう。

転職について相談する

面談時の服装は?

私服でもOK

転職エージェントとの面談は、面接ではないため基本的には私服で行っても大丈夫です。仕事が終わってから転職エージェントの面談に向かう人もいますし、そもそも在職している会社が、スーツ着用ではなくカジュアルな服装での勤務の人もいます。そのため面談時の服装には決まりが無い転職エージェントがほとんどです。しかし、あえてスーツを着用して行って、面接の時のために服装についてアドバイスをもらう人もいます。

清潔感のある服装がベター

スーツ着用の必要がないといっても、Tシャツやジーパン、ハーフパンツ、サンダルなどカジュアルすぎる服装は避けたほうが無難です。転職エージェントに与える印象が悪くなる恐れがあり、その後に紹介してもらえる求人に影響を与える可能性もあります。できればオフィスカジュアルを意識した清潔感のある服装で面談に臨むと良いでしょう。

 

転職について相談する

面談当日のポイント

転職エージェントとの面談は、あなたの過去の経歴や志望する業界・職種、希望条件などを知るためのヒアリングであり、面接ではないので過度の緊張は不要です。しかし、転職エージェントに良い印象を持ってもらうことができれば、より良い条件の求人を紹介してもらえる可能性もあります。面接ではないからと気を抜き過ぎずに、しっかりと対応しましょう。

履歴書や職務経歴書を準備していく

転職エージェントとの面談には、企業に応募する際にも必要な履歴書や職務経歴書を準備します。履歴書や職務経歴書は、転職エージェントがキャリアや希望を聞いていく上で必要となります。当日持参しても大丈夫ですが、できれば事前に送付しておきましょう。転職エージェントに事前にキャリアなどを把握してもらうことで、面談の時の自己紹介で経歴を説明する必要がなくなります。その他には、基本的に当日必要な持ち物はありませんが、転職エージェントから依頼されたものを持参するようにしましょう。転職エージェントから依頼されるもので多いのは写真や筆記用具です。また、面談当日は転職エージェントから求人票や資料をもらえることもあるのでA4サイズの書類が入る程度の大きさのカバンを持って行くとよいでしょう。

将来の目標や希望の条件などを話す

面談当日は、転職エージェントに転職後も含め、将来どのような目標があるのかを伝えます。また、希望の勤務時間や場所、休日、給与や年収の条件などを伝えることで、それらの希望に近い求人を紹介してもらうことができます。転職エージェントは、転職希望者の希望の条件と過去の経歴や実績によって、適した求人を紹介してくれます。したがって、経歴や実績については過大に伝えることなく正直に話しましょう。アピールできる実績については具体的な数値とともに話します。また、希望の勤務時間や場所、休日、給与や年収の条件などは、職務経歴書の備考欄に書き込みなどして事前に転職エージェントに伝えておくと、希望に合う求人を転職エージェントが選んで、面談当日に紹介してもらえることもあります。

本音を伝える

退職理由や転職したい理由がネガティブな場合でも、転職エージェントとの面談では本音で話すことが大切です。転職エージェントから、企業との面接の時にはどのように話せばよいのかなど、より良いサポートや適切なアドバイスが受けられる可能性があります。ただし、面談の時間は限られているので、前職や在籍している職場の不満ばかりにならないよう気をつけます。また、ほかの転職エージェントも利用している場合、その利用状況についても隠さず話すようにしましょう。

遅刻やキャンセルは早めに連絡する

企業との面接はもちろんですが、転職エージェントとの面談でも遅刻は絶対にNGです。もし、遅刻した場合には、転職エージェントはあなたのことを自信を持って企業に紹介することができなくなってしまいます。場所を間違えたや時間を勘違いしたなどの理由は言い訳になりませんので、しっかりと確認をするようにしましょう。面談当日、やむを得ない理由で遅刻する場合や行けなくなった時には、電話もしくはメールで、なるべく早く担当者に連絡を入れます。その時には正直に理由も伝えましょう。これはビジネスマナーとしてとても重要な事です。転職エージェントとの信頼関係を失ってしまうことにもなるので、絶対に連絡なしに遅刻したりキャンセルすることが無いようにします。キャンセルした場合は、日程をあらためて調整してもらいましょう。

面談の流れ

転職エージェントによって、違いはありますが面談の大まかな流れは以下の通りです。

・転職希望者と転職エージェント担当者の顔合わせとの自己紹介

・職務経歴と業務内容の確認。スキルや強み、アピールポイントの確認と共有

・転職理由と転職により目指すキャリアの確認

・転職において重視する項目の確認

・将来のキャリアビジョンの共有

・給与や勤務地など希望条件の確認

・求人情報の紹介

で、事前に履歴書や職務経歴書を送付して、希望の勤務時間や場所、休日、給与や年収の条件などを連絡しておくと、面談当日に条件にあった求人を紹介してくれます。

転職エージェントに良い求人を紹介してもらうポイント

転職エージェントに良い求人案件を紹介してもらうには、自身の経験やスキル、転職の希望条件などをはっきりと伝えることが大切です。特に次の3つのポイントに気をつけましょう。

自身の経験やスキルの棚卸ししてアピールポイントを洗い出しておく

転職エージェントが、転職希望者を企業に紹介する時には、具体的な経験やスキルを持った人の方が薦めやすくなります。転職エージェントは多くの転職希望者を担当しています。良い求人案件は優秀と思える人に紹介したくなるものです。自分のこれまでの経験や身につけてきたスキルについては、具体的な数字や成果を示して説明できるように、転職希望者との面談の前に準備しておきましょう。自分の経験やスキルの中で何をアピールすべきか判断に迷う場合は、無理に絞り込まずに棚卸した全てのものを転職エージェントに伝えましょう。応募する企業によって、アピールすべき点は変わってくるので、転職エージェントに相談するとよいでしょう。

希望の条件を明確にしておく

良い求人の条件は人それぞれです。自分が希望する条件、重視する項目などを明確にして、面談では具体的に転職エージェントに伝えられるようにしましょう。具体的に希望を伝えることで、転職エージェントは紹介できる企業をイメージしやすくなります。希望する条件などが具体的でない場合には、転職エージェントもどのような企業を紹介したらよいのか判断することができません。

転職時期を決めておく

中途採用は、一般的に退職者の欠員補充であったり、新たなプロジェクトを立ち上げるための増員だったりと、比較的急いで採用を決めたい募集のことが多い傾向にあります。そのため転職エージェントが企業に人材を紹介する時も、「なるべく早く転職したい」や「良い条件の求人があれば、すぐにでも転職する」といった、判断や行動が早い人を紹介しやすくなります。焦って転職する必要はありませんが、転職に向けたスケジュールを立てて、準備しておくと良いでしょう。それを転職エージェントにも伝えておきます。

転職について相談する

キャリアスタートの面談の特徴

転職エージェントには、特定の業界や職種に捉われない多種多様な幅広い案件に対応している「総合型転職エージェント」と、業界や職種など特定の求人に特化した「特化型転職エージェント」の2つのタイプがあります。今回は、アルバイトやパート、派遣社員などのフリーターやニートの人もサポートしてくれる特化型転職エージェントの「キャリアスタート」の面談の特徴について紹介します。

面談は電話もOK

キャリアスタートに登録すると、次に担当者との面談が行われます。面談は対面か電話かを選んで予約することが可能なので、仕事が忙しくて人なかなか面談に足を運ぶ時間が取れない人も、遠方の人も安心です。面談は個別で行われるので、マンツーマンでのびのびと相談することができます。

専属エージェントが転職後も見据えてサポート

キャリアスタートは、1万人の転職相談の実績に基づく転職メソッドを保有しています。専属のエージェントが、転職成功に向けてキャリアカウンセリング、職業軸形成、キャリアレクチャーと最大3つのステップで求人企業の選考をして転職の支援してくれます。転職希望者の気持ちに寄り添いながらサポートしてくれるのが特徴で、転職後も電話や対面で面談したり、同性代の転職経験者が集う「転職交流会」を開催したりしています。

 

【先輩たちの声】

星名真さん 職種:営業

 

キャリアスタートを利用したきっかけは何ですか?

「まずは相談にきませんか?」ってライトなオファーであったことと、いくつかのエージェントさんからオファーいただいたのですが、キャリアスタートはすぐに連絡をくれました。スピードあるな!って面談に行った。

 

実際にキャリアスタートで面談してみていかがでしたか?

今となって、というか、後から気づいたんですけど、人ですね。笑。

もちろん求人はしっかりと頂けたのですが、「短く退職することの気持ちがわかる。しっかりと検討していいよ」という気持ちをわかってくれたところがよかったです。他のエージェントさんはゴリゴリに「ここ受けろよ!」って行ってきて、ないなーって。

面接練習も、ほぼ、対話形式で担当の人とキャリアについて話をすることに終始して、考え方だけ吸収して、自分で言葉を作っていけるように場づくりをしていただきました。

>星名真さんの詳しい体験談はこちら

≫転職エージェントとは?メリット・デメリットと利用すべき人の特徴

転職について相談する

転職エージェントの面談では、自身の希望とアピールポイントをしっかり伝えよう

転職エージェントの面談は、転職希望者の過去の経歴やスキル、志望する業界・職種と希望の条件や重視するポイントなどを、転職エージェントが詳しく知ることを目的としています。これらの情報を、転職エージェントが十分に理解していないと、求職者の希望に沿った求人を紹介できないばかりか、企業に求職を薦めることができません。どちらも具体的に転職エージェントに伝わるように、面談の前に十分に準備しておきましょう。

転職エージェントの面談は、転職希望者の過去の経歴やスキル、志望する業界・職種と希望の条件や重視するポイントなどを、転職エージェントが詳しく知ることを目的としています。これらの情報を、転職エージェントが十分に理解していないと、求職者の希望に沿った求人を紹介できないばかりか、企業に求職を薦めることができません。どちらも具体的に転職エージェントに伝わるように、面談の前に十分に準備しておきましょう。

転職について相談する

先輩の体験談

池辺旬 様
人に感謝される仕事がしたい!希望のIT企業へ!

エージェントを利用したきっかけは何ですか?

効率いいのかな?と思いました。転職活動当初は行きたい会社が決まってなく、一社ずつ調べていくのが大変だからと思ってまわりにも利用している人いるし、新卒から利用している知人もいたので利用してみました。

キャリアスタートのいいところ・悪いところを教えてください!

悪いところは強いて言うと、隣のブースの話し声が漏れて聞こえる時があってそれは少し気になりました。いいところは、他のエージェントさんと異なり、親身になってもらえるところです。(他のエージェントは初回面談で一回会って、あとはメール、電話でのやり取りのみ)

また、直接会っての面談が複数回あるところです。また、求人案件は大量でなく、量より質でピッタリ合うところを提案してもらえた。

体験談の詳細はこちらのページよりご覧いただけます

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!