週休2日制と完全週休2日制の違いは?求人情報を見るときのポイント

求人情報を見るときに1番にチェックするのは、「給与」と「休日休暇」の項目ではないでしょうか。

誰もが気になる給与と休日休暇。その中でもよく見かける「週休2日制」という用語。

この正しい意味を理解している方はどれくらいいるのでしょうか。

「週に2回休みがあるってことでしょ?」

そう勘違いしている方が多いようです。多くの方がイメージしている「週休2日制」、それはおそらく「完全週休2日制」のこと。用語はとても似ていますが、実は全く違う意味なのです。

入社後のミスマッチを防ぐためにも、週休2日制と完全週休2日制の違いをしっかり理解しましょう。

週休2日制の基礎知識

「週休2日制」この字だけ見ると「毎週1週間に2日休みがある制度」かのように思えますよね。

実際はどんなものなのか、見ていきましょう。

週休2日制とは

週休2日制とは、休日の取得方法の1つです。

一般的には、1年を通して2日休める週が月に1度以上あることを言い、必ずしも毎週2日休めるわけではありません。

月に1度、週に2日休める日があれば、その他の週は6日出勤でも週休2日制と言えるので注意が必要です。

飲食やアパレルなどのサービス業界や、繁忙期と閑散期のある企業の求人情報によく見られます。

完全週休2日制との違い

完全週休2日制とは、1年を通して毎週2日間の休日があることを言います。ただし、曜日は決まっていないので注意しましょう。

もし土曜日・日曜日や祝日も休みの場合は「完全週休2日制」とは別に「完全週休二日制(土・日)、祝日」のように明記してあります。祝日がある週に限り、祝日が休みになる代わりに休日のどちらかが出勤になる企業もあります。

完全週休2日制は週休2日制と比べ、安定的に休むことができます。

転職について相談する

週休2日制のメリットとデメリット

 

週休2日制と完全週休2日制の違いは理解していただけましたね。

それでは、週休2日制のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

週休2日制のメリット

労働基準法では、労働者の労働時間の限度が決まっています。

原則1日8時間以内、1週40時間以内とし、休日を1週に1日以上与えることとしています。(労働基準法第32、35条)この労働時間のことを「法定労働時間」休日のことを「法定休日」と呼びます。

そのため、休日が週1日しかないとき、1日あたりの労働時間が短くなります。つまり、出勤日数が増える代わりに、1日の労働時間は6時間や4時間などと短くすることができます。

繁忙期のある職種は、休みを調整しやすいのもメリットの1つです。

週休2日制のデメリット

週休2日制のデメリットとして、休日が安定しないことがあげられます。

安定しないことに加え、完全週休2日制なら104日《週2日×52週=104日》は休みがありますが、週休2日制に場合、週2日休める週が月に1度しかないと、年間の休日は最低で64日《(週2日×12週)+(週1日×40週)=64日》となり、完全週休2日制よりも取れる休日が少なくなりやすいです。

転職について相談する

求人情報の休日・休暇欄を見るときのポイント

「週休2日制」と「完全週休2日制」のように、表現や表記は似ていても実際は全く違った制度だったりするように、求人情報を見るときには注意が必要です。

どんなところに注意して見ていけば良いのでしょうか。注意点とポイントをまとめました。

休日・休暇の規定を必ず確認する

まず「休日」と「休暇」の違いは理解していますか?

休日とは…労働義務の無い日

労働者は、原則休日に働く義務はありません。したがって、会社は労働者を働すことはできません。

休暇とは…労働義務のある日に労働が免除される日

育児休暇・介護休暇・リフレッシュ休暇などがあります。

 

会社によって、休日休暇に関する規定は異なります。

休日や長期休暇や有給休暇・年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休などについて細かく規定を設けている企業もあるため、しっかりチェックしましょう。

休日の取得パターンによって、勤務時間が異なるケースもあります。

表記に気をつける

「休日」は、土曜日・日曜日とは限りません。

表記されている用語が似ていても、全く違う意味になる場合があります。表記例を見てみましょう。

【表記例】

*週休2日制についての表記

「週休2日制(日、第1・3水曜)」→毎週日曜日と第1・第3水曜日が休日となる場合

「週休2日制(月7日 シフト制)」→シフトによって休日の曜日が異なるが、月7日の休日がある場合

「週休2日制(土・日 ※年4回土曜出社日あり)」→基本的に毎週土曜日と日曜日が休日で、年に4回土曜日に出社する日がある場合

 

*完全週休2日制についての表記

「完全週休2日制(土・日)」→毎週土曜日と日曜日が必ず休日になる場合

「完全週休2日制(シフト制)」→休日の曜日はシフトによるため決まっていないが、毎週必ず2日間休日になる場合

「完全週休2日制(土・日・祝)」→祝日がある週で、土曜日・日曜日どちらかと祝日が休日になる場合

このように、休日となる日が明記されている場合以外は、何曜日が休みになるかわからないということです。

転職希望の求人情報に、休日の詳しい曜日が明記されてない場合は転職エージェントに確認してもらいましょう。

転職について相談する

わからないことは転職エージェントへ相談しよう

週休2日制と完全週休2日制の違いは、理解していただけましたか?

会社によってそれぞれ違いますが、入社後に「こんなはずじゃなかった!もっと休めると思ったのに!」と後悔しないようにしっかりチェックしましょう。

自分だけじゃ不安という方には、転職エージェントがオススメです。

転職エージェントでは、自分1人では気づかないようなポイント、ハローワークや求人サイトには出ていない求人情報なども提供してくれます。

たくさんのサービスが無料で利用できる転職サイト。まずは登録して、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?強引に転職させられるなんてことはありませんので安心してご利用ください。

不安な気持ちで1人で頑張るより、転職のプロとの二人三脚で頑張ってみてはいかがでしょうか。

きっと、転職への1番の近道になることでしょう。

転職エージェントに相談

CAREER START 若手に特化した転職支援サービス

Point.1専属エージェントがあなたの転職成功をバックアップ

プロであるキャリアアドバイザーが、転職活動の希望・不安を個別カウンセリングでヒアリング。
マンツーマンであなたの転職を相談から内定・入社までフルサポートするので、
安心して転職活動を行えます。

Point.2未経験OK案件数1,000件以上

仕事の内容、給与のことなど基本的なことはもちろんのこと残業時間や、
研修制度、福利厚生といった職場のリアルな情報も手に入る。
量・質ともに充実している案件の中から若手のあなたにあった企業を
転職のプロと一緒に見つけられます。

Point.3充実サポートで面接成功率70%越え

あなたの履歴書や職務経歴書などを無料添削をします。 また、志望動機や自己PRも一緒に考え、あなたの強みを引き出す面接対策を選考企業別に行います。
面接で質問される内容について共に考えることができるので安心して面接に臨めます。

転職エージェントが成功の秘訣

転職エージェントが成功の秘訣

最初はひとりで転職活動していましたが転職エージェントに登録してから、一気に転職活動が変わりました!視野が広がったし、そのおかげで今の会社の面接を受けれました。私ひとりで転職活動をしていたら、以前と同じ飲食店勤務を選んでたかもしれません。 本当に毎日充実していて、転職してよかったと心から思っています。
プロが一緒だから新しい挑戦が成功しました。入社後は多くの出会い、チャレンジ、達成と失敗の日々ですが「成長」が得られたと思います。
周りからも「めっちゃ変わった!」と言ってもらえて、自信も増しました!