HOME > 先輩たちの声 > 真島 依里

INTERVIE 04

真島 依里 様

現職のホテルでは契約上正社員になることができないというところから転職を決意

在職中での転職でしたが、以前はどんなお仕事でしたか?

国家公務員向けのホテルでフロントスタッフとして働いていました。

なぜ、転職を考えたのですか?

まず一つには、現職のホテルでは契約上正社員になることができないというところから転職を考えました。
また、「接客」という仕事は、良し悪しがわかりづらくて自分のモノサシでしか測れなかったというところにやや物足りなさを感じていました。そのため、自分が接客という長くやってきたものを活かして違う形でキャリアを築いていけないかと考え転職を決意しました。

なぜキャリアスタートで転職活動をすることになったのですか?

在職中の転職活動でしたので、自分の休みの日が平日のみ・時間も不規則だったため、動きやすい方法を探していて、キャリアスタートが調整しやすかったことから、キャリアスタートさんにサポートしてもらうようにしました。

今回の転職で一番叶えたかったものは?

条件としてはまず正社員になりたいということと、自分の家を買いたいという夢が叶うよう収入アップを目指しました。また、自分が力をつけて、5年後10年後リーダーシップが取っていけるような仕事をしたいと考えていました。

受けた会社はどのような会社ですか?

生命保険などの保険を主に取り扱っている会社で、営業と保険の販売をするお仕事です。

どうしてこの会社を受けようと思ったのですか?

「保険」は、自分の考え方としては、“人生の一番のお守り”だと思っていて、自分自身も個人的に最近保険に入ったのですが、その勧めてくれた方とのやりとりの中で、自分も、人生の大切なものをお客様の安心を与えられるような人になりたいと感じ、この会社を選びました。

面接に行ってみてどうでしたか?

面接官が最初から代表が出てきて少々驚きましたが、自分の言いたいことはすべて言えました。自己分析のサポートが良かったです。

ENTRY無料面接予約はコチラ